Pocket

お疲れさまです、僕です。

 

みなさんの最近の睡眠事情はいかがでしょうか。

 

僕は毎日のように夜更かしをしてしまっているのですが、朝起きる時間は変わらないので、常に寝不足の状態になっています。

 

もっと早く寝たらいいじゃん。というもっともな意見も分かりますが、1日で1番自由な時間は夜中なんですよ。学生さんは学校で、社会人の方は会社でそれぞれお昼を過ごしている方も多いと思うので分かって頂けるとは思うのですが、人間にとって自由な時間は夜しかないんです。

 

 

ただそうなると、寝不足にはなりたくないけど夜は楽しく過ごしたいという矛盾が発生してしまいます。

人間に生涯つきまとうであろうこの問題に歯止めをかけるべく、僕は1つの解決方法を打ち出しました。

 

 

それは二度寝です。

 

睡眠

二度寝の素晴らしさについて

二度寝は誰しもがした事はあると思うのですが、それを意図的にやっている方というのは少ないのではないでしょうか。

 

「なんとなく起きちゃったけど、まだ時間あるからすこしだけ寝ようかな」

「寒くて目が覚めちゃったけど、頑張ってまた寝ようかな」

いつもそんな感じで二度寝していませんか?

 

 

違うんですよ

 

 

僕が言いたいのはなんとなく起きちゃったとかではなく、わざと早めに起きてもう1度寝るという行為なんです。

 

なんとなく起きちゃったー、だとすこし損した気分になりません?
朝からそんな気分になってしまうとその日1日のテンションもだだ下がり。学校では解ける問題も解けなくなり、会社では上司の機嫌を損ねてしまう、しまいにはいつもコンビニで買っていたピーナツコッペパンが売り切れてしまっているという悲惨な事にもなりかねないです・・・・・・たぶん。

 

 

理想的な睡眠時間が一般的に1日約7時間と言われているこの世の中、ぶっ続けで7時間寝るよりも6時間寝て1度起き、さらに1時間寝るという方がいいんです。

 

 

その理由としては、他のみんなが1度しか行っていない行為を自分だけ2度行っている事に、「あれ、おれすごくね?」という優越感を感じる事が出来るという点。

 

さらには2回に睡眠を分ける事で、クレジットカードで言うところの分割払いと同じ効果があります。

みなさんクレジットカードで買い物する時は分割払いで買ってませんか?それと同じです。
原理はよくわからないですが、たぶん同じです。

 

要は二度寝をする事によって、気持ち的に余裕ができるというところが1番の利点ではないでしょうか。

二度寝について考えてみましたが

いかがでしたでしょうか。

今回は二度寝について考えてみましたが、なぜこうなったかと申しますと、

 

友人に「二度寝の良さについて語ってよ」と言われたからです。

 

 

ちょっと何を言ってるのかわからなかったですが、なんとか頑張って書いてみたものの、5行目あたりから「むり・・・だな・・・・・・」と察した結果、僕にはこれが限界でした・・・。

 

ちなみに僕は二度寝で熟睡できなかった感じが嫌いなので、一気に7時間寝る方が好きです。

 

 

それでは

 

Pocket

The following two tabs change content below.
もん
札幌出身札幌在住のブロガー。 日記や店舗情報を書いている札幌リストを運営しています。 詳しくはコチラ→管理人「もん」のプロフィール。 Twitterもやっているのでフォローお願いします!→@monpoko193