Pocket

お疲れさまです、僕です。

 

みなさん、動物は好きですか?
僕は人間よりも動物の方が好きなんじゃないかと思うくらい動物が好きなのですが今回は動物達とふれ合える、ノースサファリサッポロに行ってきました!

ノースサファリサッポロで動物達とふれ合う

実は以前にもノースサファリサッポロに行ったことはあるんですよ。
札幌南区にあるノースサファリサッポロを楽しむ

その楽しかった思い出が忘れられずに、また楽しんできました。

 

こちらがノースサファリサッポロ。天気も晴れてるし、サファリ日和ですね。

ノースサファリサッポロの入り口

 

入ってそうそう世界で一番大きな犬がようこそ!と言わんばかりに出迎えてくれます。

世界で一番大きな犬の看板

 

世界で一番大きな犬

 

先を進んだところにある南半球エリアでは、マーラたちがすぐ近くにいるので、触り放題の撫で放題ですよ。

南半球エリア

 

寝ているマーラ

 

寝ているマーラのアップ

マーラ「・・・寝かせてくれ」

 

以前に来た時もそうだったんですが、日が出ている日中は動物たちにとっても心地いいんですね。

昼寝しかしていないイメージです。

 

ただこのペリカンたちは元気が良すぎて、縦横無尽に歩き回るわ、翼広げるわ。この長いくちばしで追いかけられた時は恐怖する感じましたよ。

ペリカン

 

以前来た時はマーラたちにエサやりできたのですが、今回はお腹がいっぱいらしくてエサやりが出来なかったです。
人が多かったというのもあったのでしょうが、エサやりとかを体験したい人は早めに来るのがいいかもしれないですね。

エサが売っていない

 

首を長くして待っているキリンもいました。
エサに夢中でひたすらむしゃむしゃしていましたが、こうやってまじまじ見ると「あ、キリンって角あったんだ」という当たり前だけど普段考えないようなことを考えさせられました。

キリン

 

ちなみに気になってみたので「キリン 角」で検索したところ、実はキリンには角が5本もあるらしいです。

 

これをノースサファリサッポロに来なかったら得られなかった知識ですね。また1つ賢くなりました。

 

キリンを見て癒された後は、一通り園内を周ります。

ウサギがいたり

ウサギ

 

アルマジロウの「有馬 次郎くん」がいたり

アルマジロウ

 

有馬次郎くんのネーム

 

L字になってエサを待っているアザラシがいたり

L字になっているアザラシ

 

エサを持っていたらやたら主張してくるアフラックがいたり

アヒル

 

エサをくれと柵から頭を突き出してくる馬もいたりしました。
食に飢えるのは人間と一緒なんですな。

馬

 

ジャングルゾーン

馬ゾーンの近くに前にはなかったジャングルゾーンというブースがありました。

ジャングルゾーンの入り口

 

中はアジアの森、アフリカの森、南米の森に分かれていて、それぞれの地域に属した動物たちとふれ合えます。

アジアの森

アジアの森にはカワウソのエサやりコーナーがあったのですが、エサを買った瞬間カワウソ達が寄ってきて、穴から手を出すアピールっぷり。

手を出しているカワウソ

 

かーわーいーいーー

 

早速エサを買ってカワウソに手渡しでエサをあげていたのですが、視線を感じて振り返ると

トラ

 

引きのトラ

 

本物のトラかと思って鼻血が出るかと思いましたよ。

アフリカの森

アフリカの森では草に隠れているカメレオンや、そこらへんを歩いているカメにエサやりをすることができます。

 

カメレオン

 

後ろにはこっちをずっと見続けているカメが

見つめてくるカメ

 

そしてなぜか続々と積み重なるカメたち

積み重なるカメ

 

向こうでも積み重なるカメ

 

なんでこんなにカメ達が重なるのか不思議だったのですが、調べてみるとこれはカメの習性?のようなもので、カメは日光の当たる場所で体を温めるために甲羅干しというのをするのですが、その日光の当たる場所の奪い合いみたいな感じになってしまい、日光の当たる場所を確保しているカメの上にどんどん重なっていってしまうようです。

 

カメって意外と積極的なんですね。

南米の森

南米の森にはなんと、あのナマケモノが木にしがみついていたり、イグアナがそこらへんを駆け回ったりしています。

ナマケモノが指を額に当てて「考える人」みたいになってるのを見ると、人生悩んでいるのは人間だけじゃないんだなって思い知らされます。

考える人みたいになっているナマケモノ

 

通路のど真ん中で寝るイグアナ

寝ているイグアナ

 

以上でジャングルゾーンを終わりですが、写真にも載っていない動物たちもたくさんいるので、ノースサファリサッポロに来た際はぜひ寄ってもらいたいです。

カピバラの湯

ちょうどジャングルゾーンを出たところにはカピバラの湯というのがありました。

カピバラの湯の看板

 

看板を見る限り素晴らしい効能ばかりだったのですが、
肝心のカピバラはお風呂よりも日光浴をしたかったようで、全然お風呂には入ってくれません。

お風呂に入らないカピバラ

 

頭にタオルでも乗せてお風呂感を演出してもらいたかったところではありますが、おかげさまで間近の写真が撮れたので良しとしましょう。

間近のカピバラ

 

カピバラ「・・・なに?」

ノースサファリサッポロのフード

知っている方もいるかと思いますが、ノースサファリサッポロにあるフードコーナーは他だと食べられないようなゲテモノを取り扱っていることで有名なんです。
しかも今なら別にやっている、猛毒展とのコラボしている商品も。

フードコートのメニュー

 

挑戦したい気持ちもやまやまだったのですが、いかんせんこの写真を見てしまったら食欲すら沸きません。

食べてみたら「案外イケるじゃ〜ん」なんてこともあり得るとは思いますが、食べるまでのハードルが高すぎるので、今回は食べ物ではなく、これまた物珍しかった「電球ソーダ」を買ってみました。

電球ソーダ

 

人気商品だったのか、本来入っているはずのレモン風味の氷がもうなかったために色味的にも単色になってしまいましたが、それでも電球に入っているブルーハワイ味のソーダは綺麗に見えます。

 

これがインスタ映えって言うんですかね・・・・たぶん違いますね、ごめんなさい。

 

飲み物も買って一息ついたので、最後にお土産コーナーに寄って帰ることにしましょう。

お土産コーナにあるぬいぐるみ

 

お土産コーナーには動物のぬいぐるみなどが多く目立ちましたが、僕の目に留まったのがこちらのカピバラの運来と自己責任クッキー。

カピバラの運来

 

自己責任クッキー

 

いくらカピバラといえど、う◯こはさすがに食べれないので自己責任クッキーを買ってみました。

自己責任クッキー

 

自己責任クッキーの中身

 

自己責任クッキー「落ちたら死にます」

 

自己責任クッキー「全て自己責任です」

 

こちら買ってみた自己責任クッキーですが、自己責任というか脅しているようなクッキーでしたね。

でも味は意外と美味しく、なんなら5枚入りじゃなくて10枚入りを買っておけば良かったと思った程です。

 

 

鳩が豆鉄砲を食ったようとはこのことを言うんですかね・・・・違いますよね、ごめんなさい

 

今回紹介した以外にも今なら猛毒展アドベンチャーゾーン、以前にも行ったデンジャラスゾーンなどがあるのですが、時間もなかったので行けずじまいでした。

 

残念。

ノースサファリサッポロに行ってみて

今回、札幌南区にあるノースサファリサッポロに行ってみましたが、やはり動物はいいですね。人間みたいに裏がないし、何をしててもかわいいっていうのが見ているだけで癒されます。

 

もし人生に疲れている、癒しを求めているという方がいるならこのノースサファリサッポロはオススメですよ。

ーーーーーーーーーーーー
ノースサファリサッポロ

営業時間や休園日は季節によって異なります。

また山の中にあるので、行く際は公式ホームページで確認しながら行くと良いですよ。

公式ホームページ
ノースサファリサッポロ
ーーーーーーーーーーーー

 
ちなみに買った電球ソーダの入れ物、店員さんに聞いたら「あ、捨ててもいいですよ」って言われたので、せっかくだから持ち帰ってコーラを入れて飲んでみました。

コーラを入れた電球ソーダ

 

電球を吸って飲むコーラは倍美味しく感じるかと思ったのですが、びっくりするくらい普通のコーラでした。

そんなもんです。

 

 

それでは

Pocket

The following two tabs change content below.
もん
札幌出身札幌在住のブロガー。 日記や店舗情報を書いている札幌リストを運営しています。 詳しくはコチラ→管理人「もん」のプロフィール。 Twitterもやっているのでフォローお願いします!→@monpoko193