一○八抹茶茶廊が札幌市北区の麻生にオープン

抹茶

お疲れさまです、僕です。

 

突然ですがみなさん、好きなアイスの味といえばなんですか?

世の中には、バニラ・チョコ・ストロベリー、またはとうきびアイス等の様々な味があり、好みも人それぞれなはず。
よく売店とかでも見かける、バニラ・チョコ・ミックスの3つはアイスの定番として位置づけられているような感じもしますが、

 

「バニラなんて普通すぎる」

「チョコ味食うならブラックサンダー食うわ」

「ミックスとか味が決められない優柔不断な人が最終的に頼むもの」

 

・・・などの意見も多数あります。

僕はそんな事1ミリも思った事はありませんが、広い世の中もしかしたらこんな人に出会う可能性だって0ではないのですよ。
そしてかくゆう僕も、アイスを注文するならバニラ・チョコ・ミックスではなく、必ずと言っていい程に抹茶味を注文します。

子供の頃には分からなかったこの美味しさ・・・甘さの中にもほのかに渋みがありそれがまたもう一口、もう一口と食欲を増進させているのです。

 

そんな事を考えていると、抹茶をこよなく愛する僕のような人必見のニュースが耳に入りました。

 

なにやら札幌に抹茶スイーツ専門店がオープンするらしいんですよ。

 

抹茶

一◯八抹茶茶廊という抹茶スイーツ専門店

一○八抹茶茶廊という抹茶スイーツ専門店をご存知ですか?

 

とりあえず最初にこの名前を見た時、

「一体なんて読むんだろう」

って僕は思いましたが、みなさんはどうでしょう?

 

 

友達に「明日の学校帰り、一○八抹茶茶廊に行かない?」とLINEで伝える事は出来ますが、実際に口頭で誘う時に困るやつですよ、これ。

みなさんがそんな状況になる前に念のため言っておきますが、一○八抹茶茶廊と書いて「いちまるはちまっちゃさろう」と読みます。

 

そこそこ長い名前なので、109(イチマルキュー)ならぬイチマルハチという呼び方がされそうな予感がぷんぷん。

 

一○八抹茶茶廊は北海道発の抹茶スイーツ専門店で、現在は旭川と札幌のエスタ、そして台湾の台北でもお店を出店しているようです。国内ならず、海外まで幅広く展開しているところを見ると、やはりそれなりの人気があるという事が裏付けられているのでしょう。

 

抹茶スイーツ専門店というだけあって、抹茶のおやきやソフトクリームはもちろん、パフェだけでも8種類程、またシェイクやラテなどの飲み物も多数取り扱っておりメニューだけ見ていても「茶」という分野に特化している印象です。

 

茶のパフェだけでも8種類ってすごいな。茶をベースとしてきな粉のパフェやわらびのパフェを提供しており、全てのパフェに白玉が入っているところも個人的にポイントが高いです。

白玉が入っていないパフェなんてボールがないドッヂボールみたいなもんであり、あって当たり前とまで言っても過言ではないくらいパフェにとって白玉の存在は大きいものなのです。

 

一○八抹茶茶が新たに北区にオープン

先ほどもチラッと書いたように札幌エスタにも出店しているので実際に立ち寄った方もいるかと思いますが、さらに多くの方に楽しんでもらうと12月上旬、北区に「一○八抹茶茶廊 イオン麻生店」が新しくオープンします。

 

正直北区にはそこまで寄る機会がないので、僕が行くとしたら札幌エスタ店ですが、北区に住んでいる方やイオンに買い物に行く方からしたら嬉しい知らせですよね。

 

新しく北区にオープンする一○八抹茶茶廊の詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーー
一○八抹茶茶廊 イオン麻生店

アクセス
札幌市北区北39条西4-1-5 イオン麻生店1階

オープン日
12月上旬

ホームページ
一○八抹茶茶廊
ーーーーーーーーーーーーー

札幌市北区北39条西4-1-5

 

最近は餅入りのもなかを食べながらお茶を飲んで「ぷはぁー」という一連の動作に興奮を覚えている僕ですが、いつの日か一○八抹茶茶廊で抹茶パフェを食べながら「ふわぁぁ」となる日も遠くないかもしれません。

 

それでは