びっくりドンキーの「食」からつながるSDGsの取り組みが『第10回食品産業もったいない大賞』農林水産省大臣官房長賞を受賞!

びっくりドンキー-生ごみとビール粕を活用する「えこりん村」

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」を展開する株式会社アレフは、『第10回食品産業もったいない大賞』(主催:公益財団法人食品等流通合理化促進機構、協賛:農林水産省、後援:環境省、消費者庁)において、農林水産省大臣官房長賞を受賞しました!

 

本表彰は食品産業の持続可能な展に向け、「エネルギー・CO2削減」「廃棄物の削減・再生利用」「教育・普及」などの観点から、顕著な実績を挙げている食品関連事業者ならびに食品産業によるこのような取組を促進・支援している企業・団体および個人を表彰するものです。

 

今回の受賞は以下の取り組みが評価されました。

びっくりドンキー-食べきり推奨運動「もぐチャレ」

①食べきり推奨運動「もぐチャレ」 1997年から行っているびっくりドンキー店舗での生ごみリサイクル、全国8工場での食品ロス削減、小学生以下の子どもが食べ残しをせずにお皿をピカピカにすると表彰状等をプレゼントする食べきり推奨運動「もぐチャレ」を全国約250店で行うなど、全国規模で取り組んでいる点。

 

びっくりドンキー-生ごみとビール粕を活用する「えこりん村」

②生ごみとビール粕を活用する「えこりん村」 えこりん村(北海道恵庭市)を拠点に、自らリサイクルを行って資源循環を形成している。

お客さんや教育機関から回収した天ぷら油のバイオディーゼル燃料化と利用、生ごみと小樽ビールのビール粕を使ったバイオガス発電と液体肥料の生産と利用、生ごみなどを原料とした堆肥の生産と利用・販売などを行い、地域を巻き込んだ取り組みを継続している点。

 

びっくりドンキー-再エネ電力を使用している茅ヶ崎店

③再エネ電力を使用している茅ヶ崎店 2022年には、各社と連携してびっくりドンキー茅ヶ崎店から排出された生ごみをリサイクルし、そこで発生した再生可能エネルギー由来電力を同店舗で購入し利用するなど他社の参考になる点。

 

第10回「食品産業もったいない大賞」受賞者の決定

この記事のURLをコピーする