カルビーがパッケージデザイン監修の『じゃがりこ バケ土』に昨年大反響だった栽培用種芋『ぽろしり』、袋で育てるじゃがいもの土『ポテトバッグ』が12月15日(木)より発売!

『じゃがりこ バケ土』

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

カルビー株式会社はカルビーポテト株式会、株式会社プロトリーフと共同開発した新商品『じゃがりこ バケ土』を2022年12月15日(木)から全国のホームセンター、園芸店で発売します!

 

本商品は人気商品「じゃがりこ」をイメージし、カルビーがパッケージデザインを監修した、袋で育てるじゃがいもの土シリーズ第2弾です。

この発売に合わせて、昨年に続き、栽培用種芋『ぽろしり』と第1弾の『ポテトバッグ』も同日より順次発売します。

手軽にじゃがいも栽培が楽しめる!

『ポテトバッグ』は「未来を担う次世代の子どもたちに、じゃがいもや土に触れる機会をつくりたい」というカルビーポテトとプロトリーフの想いから開発がスタート。

 

約3年の開発期間を経て、2021年12月に発売し大反響だったので、このたびカルビーがパッケージデザイン監修した『じゃがりこ バケ土』を新たに仲間に加えて再発売する運びとなりました。

じゃがいも栽培体験を通じて、自然の恵みを育む楽しさと大切さをお届けします!

『じゃがりこ バケ土』

じゃがいもの土『じゃがりこ バケ土』とは カルビーポテトとプロトリーフの共同開発第2弾商品です。

同封されている透明袋にココヤシガラとハスクチップからできている土ブロックに水を加えてくずしながらもどした後に肥料入りの土をよく混ぜて、その土を容器に入れ種芋を植え付けるだけなので、初心者でも手軽にじゃがいも栽培がスタートできます。

加えて100%植物原料由来なので栽培後の土は燃えるゴミとして廃棄することができます。(※1)

じゃがいもの育ちが良いだけではなく、地球環境にも配慮した商品です。

カルビーがデザイン監修した人気商品「じゃがりこ」をイメージしたパッケージデザインは売り場でも注目の的!。
※1 自治体によって異なりますのでご確認ください。

じゃがいもの土『じゃがりこ バケ土』
価格 オープン(想定価格:税込1,500円前後)
発売日 2022年12月15日(木)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合があります
販売エリア 全国のホームセンター、園芸店から順次展開
※店舗によっては取扱いのない場合や売り切れで販売終了の場合があります
内容量 12リットル

栽培用種芋『ぽろしり』

栽培用種芋『ぽろしり』

栽培用種芋『ぽろしり』とは 栽培用種芋『ぽろしり』は、カルビーポテトが10年以上かけて開発したオリジナルのじゃがいも品種です。

切らずにそのまま植えつけるのに適したサイズを揃えました。

カルビーポテトではこの商品で初めてホームセンターでの販売に取り組みます。

カルビーのオウンドメディア「じゃがいもDiary」にて、『ぽろしり』に関する記事を掲載しています。

じゃがいもDiary

栽培用種芋『ぽろしり』
価格 2個入り オープン(想定価格:税込250円前後)
6個入り オープン(想定価格:税込500円前後)
発売日 2022年12月15日(木)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合あります
販売エリア 全国のホームセンター、園芸店から順次展開
※店舗によっては取扱いのない場合や売り切れで販売終了の場合があります

袋で育てるじゃがいもの土『ポテトバッグ』

袋で育てるじゃがいもの土『ポテトバッグ』とは じゃがいものプロフェッショナルカンパニーであるカルビーポテトと園芸用土の販売でトップクラスのシェアを誇るプロトリーフが共同開発しました。

初期生育に必要な元肥もすでに配合されているため、種芋の「ぽろしり」をそのまま植えて水やりをするだけで初心者でも手軽にじゃがいも栽培がスタートできます。

培養土には軽くて持ち運びのしやすいココヤシガラやハスクチップなどを採用し、種芋を植えつけ、水やりをするだけで誰でも手軽に収穫まで楽しめます。

加えて100%植物原料由来なので栽培後の土は燃えるゴミとして廃棄することも可能。(※1)

じゃがいもの育ちが良いだけではなく、地球環境にも配慮した商品です。
※1 自治体によって異なりますのでご確認ください。

袋で育てるじゃがいもの土『ポテトバッグ』
価格 オープン(想定価格:税込1,000円前後)
発売日 2022年12月15日(木)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合があります。
販売エリア 全国のホームセンター、園芸店から順次展開
※店舗によっては取扱いのない場合や売り切れで販売終了の場合があります
内容量 12リットル

 

※エリア別の展開スケジュールについては、プロトリーフのホームページで更新します

プロトリーフ 公式サイト

この記事のURLをコピーする