野良猫を拾う時の教訓を知ってますか?

野良猫

お疲れさまです、僕です。

 

今日もいつものように散歩をしていたところ、道路の脇にひっそりとたたずんでた1匹のネコがこちらをじっと見てきたんですよ。

 

もともとネコが好きな僕なので、すこしかがみ「ちちちちっち。おいでおいでおいで〜」と赤子をあやすかの如くネコを呼ぶと、なんとそのネコが恐れる事なくどんどん近づいてきました。

 

野良猫を飼おうと決めた時に考える事

「なんだこいつ、やたら人懐っこいな」とおそらく今まで家で飼われていた捨て猫かどこかの家がエサだけあげてエサ以外はほぼ野良猫状態の半野良猫のどちらかであると確信。

そして僕が地面にあぐらをかいて座ると、膝の上に乗ってきて落ち着くという仏のような心の持ち主。

 

「可愛いなこいつ」とふと顔を見てみると、目のまわりが目やに?みたいのでいっぱいになっていて、体もすこし骨が浮き出るくらいのやせ細りよう。

これはなんかの病気かもしれないと思い、一度家に連れて帰って動物病院を探したのですが、ほとんどの病院が日・祝が休診日という状態。祝日でも診察している病院を見つけて電話してみても、現在移転の準備中で診察を行っていないというタイミングの悪さ。

 

教訓その1:
動物病院は日・祝に休診日の所が多い

 

 

以前に同じような感じで病気のネコを拾って現在も育てているのですが、今回の事を動物病院に勤務していた友人に話してみると、元々家にネコがいる状態で野良猫等を家に入れる場合は家のネコと野良猫を別々の場所に連れていって接触させてはいけないとの事。

 

野良猫が伝染病等を持っていた場合に感染しないようにという事なのですが、一応そこらへんの知識はあったので、別の部屋に連れていったんですよ。

ただその後に深く話を聞いてみると、部屋を別にしても野良猫を触った手や抱っこした時の服を家のネコに接触させてはいけないとの事。毛だけでも感染する恐れがあるので、野良猫が触れたものは後から消毒しないといけないと言われました。

 

野良猫が触れたものを消毒しないといけないだと・・・・・。部屋の中を自由に徘徊させてたので、服やらカバンやらそこらへんの布切れやら全部消毒しないといけないのか・・・・。

こんな事になるんならちゃんと整理しておけばよかった・・・。

 

教訓その2:
野良猫がいつ来てもいいように常に部屋は整理整頓しておこう

 

 

以前に拾ったネコの時は通院やら避妊手術やらで、落ち着くまで合計10万円程度かかりました。野良猫を拾って病院に連れて行くと決めた時点でお金はかかると思ってはいたけど、まさかここまでかかるとは・・・・・。

今回もそれくらいかかるかもしれない。

 

教訓その3:
野良猫を拾う時は金銭面でもそれなりの覚悟を!

 

野良猫を拾う時は責任を持つ事

そんな感じで今も隣に拾ってきたネコがいる訳ですが、やはり動物は可愛いですな。

病気のネコをいちいち拾っていたらキリがないとの意見もありますが、実際に目の前でそんなネコを見かけたら保護せざるを得ないですよ。

 

保護して家に持ち帰ったからには、ちゃんと責任を持って育てます!!

 

拾ったネコ

 

最初は落ち着きがなかったですが、人前で寝る余裕も出てきたみたいです。

 

本日は動物病院に行けなかったので明日行く予定ですが、とりあえず何事もなければいいなーと願いつつ、部屋をどうやって消毒しようかと考えている内に若干憂鬱になっている9月19日(月)午後22時。

 

明日がいい日でありますように

 

それでは