「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」の街区名称およびロゴマークが『MAARUKU SHINSAPPORO(マールク新さっぽろ)』に決定!

新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト-マールク新さっぽろ

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

大和ハウス工業株式会社は大和リース株式会社と医療法人脳神経研究センター新さっぽろ脳神経外科病院、医療法人新札幌整形外科病院、社会医療法人交雄会メディカル交雄会新さっぽろ病院、学校法人札幌学院大学、学校法人滋慶学園札幌看護医療専門学校の6者(以下:当コンソーシアム)とともに建設を進めている「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」の街区名称およびロゴマークについて、『MAARUKU SHINSAPPORO(マールク新さっぽろ)』とすることが決定しました!

 

当コンソーシアムは2023年11月の「マールク新さっぽろ」の完成に向け、「つながる人とまち、多世代が過ごすサステナブルなまちづくり」を目指していきます。

「マールク新さっぽろ」のネーミングコンセプト

新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト

2021年3月29日から2021年6月30日まで、「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」の名称を募集し、500通を超える応募の中から「マールク新さっぽろ」に決定しました。

 

街区の住民や訪れる人々を“まーるく”つなげる親しみのある言葉で、誰もが愛称で呼びやすいネーミングとし、ロゴマークは当プロジェクトの開発コンセプトである「商業、ホテル、予防医療・地域医療、タワーマンション、子育て、産学連携、教育の7つの成長エンジン」を虹色に配色。

まちのシンボルである「アクティブリンク」を想起させるデザインとしました。

事業概要 2018年12月より着手している「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」は、総敷地面積約55,700㎡(一部借地含む)に、住宅やホテル、商業施設、教育施設、医療施設、共用駐車場で構成された大規模複合開発事業です。
「マールク新さっぽろ」G街区について G街区では「学校法人札幌学院大学」、「学校法人滋慶学園札幌看護医療専門学校」が2021年4月に開校。

札幌学院大学に設置された社会連携センターや図書館、カフェテリアなどは一般開放し、地域住民との交流拠点としても活用されています。

「マールク新さっぽろ」I街区について I街区では、共用駐車場「D-Parking(ディーパーキング) 新さっぽろ駅前」が2021年4月にオープンしたほか、「医療法人脳神経研究センター新さっぽろ脳神経外科病院」「医療法人新札幌整形外科病院」「社会医療法人交雄会メディカル交雄会新さっぽろ病院」「D-スクエア新さっぽろ」の医療施設4棟が2022年7月以降より順次開業するなど、地域住民の健康な生活をサポートしています。

また分譲マンション「プレミストタワー新さっぽろ」が2023年5月に竣工予定のほか、ホテル「ラ・ジェント・ステイ新さっぽろ」が2023年7月、商業施設「BiVi(ビビ) 新さっぽろ」が2023年11月に開業予定です。

 

あわせてJR「新札幌駅」・地下鉄「新さっぽろ駅」の両駅と屋内空中歩廊でつなぎ、季節や天気に左右されない歩行動線を確保しました。

屋内空中歩廊の中心で各施設をつなぐ「アクティブリンク」は、「マールク新さっぽろ」のシンボルとして、医療施設4棟の開業に合わせて開通。

さらにホテル前には様々なイベントや催しが開催される広場「アクティブガーデン」を計画中で、2023年7月に完成する予定です。

新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト-「アクティブリンク」イメージ「アクティブリンク」イメージ

 

加えてI街区一帯のエネルギー(※1)は、北海道ガス株式会社が運営する「新さっぽろエネルギーセンター」(D-スクエア新さっぽろ内)より供給。

AIを活用した高度なCEMS(地域エネルギーマネジメントシステム)による省エネの推進と耐震性・耐久性に優れた熱導管・ガス管を導入した強靭なインフラによる安定した供給により、非常時においても地域の安全・安心な暮らしを支えます。(※2)

※1 天然ガスを燃料とするコージェネレーションシステムで発電し、その排熱も有効活用して電力・温水・冷水などを供給。
※2 災害時に停電が起こった際にも電気は通常の約60%、熱はほぼ100%の供給を継続可能。

「マールク新さっぽろ」施設概要「マールク新さっぽろ」施設概要

新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト-マールク新さっぽろ

新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト-マールク新さっぽろ

この記事のURLをコピーする