荷物預かりサービス『ecbo cloak(エクボクローク)』が札幌駅で実証実験を開始

荷物預かりサービス『ecbo cloak(エクボクローク)』が札幌駅で実証実験を開始

お疲れさまです、僕( @sapporo_list )です。

 

荷物展開サービスを展開するecbo cloak(エクボクローク)が、JR北海道およびキヨスクと提携し、4月22日(月)より札幌駅構内で荷物預かりの実証実験を開始しています。

札幌駅のecbo cloak(エクボクローク)導入詳細

札幌駅北口に設置されたecbo cloak

札幌駅北口に設置されたecbo cloak

ecbo cloakの設置場所

ecbo cloakの設置場所

荷物預かり実施 2019年4月22日(月)~6月30日(日)
導入窓口 JR札幌駅構内
荷物の預かり時間 10:00~20:00
定休日 なし
荷物の預かり可能個数 スーツケースサイズ100個/日
利用料金 一律900円(税込)/個・日
当日予約 可能
複数日予約 可能
ホームページ https://cloak.ecbo.io/ja/space/hokkaido/ARE164/SUB16401/yczK6-gJ

事前予約はアプリから可能です。

ecbo cloak - 荷物預かり予約で旅を身軽に

ecbo cloak – 荷物預かり予約で旅を身軽に
無料
posted withアプリーチ

ecbo cloak(エクボクローク)って?

ecbo cloakは「荷物を預けたい人」「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービスで、観光客以外にもイベント参加時や日常生活における買い物、その他様々なシーンで利用することができます。

ecbo cloak(エクボクローク)が、JR北海道およびキヨスクと提携

札幌駅は1日あたり19万人の乗降客数がいるほど札幌の交通面で主要となっている駅で、年々荷物預かりサービスの需要も増えていっています。

札幌駅に導入することにより、ゴールデンウィークなどの旅行シーズン、またライブなどのイベント時にホテルや旅館を利用する観光客が「チェックイン前・チェックアウト後にも手ぶらで札幌を散策したい」といったニーズに応えれるようになります。

現在は札幌駅北口に設置されていますが、この実証実験に基づき今後は札幌市におけるイベント時や、JR札幌駅以外の駅にもecbo cloakを導入することを目指すとしています。

 

荷物が多くてじゃまな時は、このecbo cloakを利用してみてください!

■記事まとめ

電子マネーで賢く節約!

いつも現金で買い物をしている方におすすめしたいPayPay!

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

無料posted withアプリーチ

僕も基本現金で買い物をしていましたが、PayPayを使い始めてからは使えるところは全てPayPayで支払うようになりました。

その大きな理由は支払った金額に対して残高が還元されるということ。
例えば1,000円のものを買った際に、還元率3%(キャンペーンなどにより増減あり)のPayPayは30円分の残高が付与されます。

30円と聞くと小額の印象がありますが、現金での買い物と比べるとお得にできるので重宝しています!

PayPayは誰でも簡単に始めることができるので、キャッシュレスの波に乗るなら今ですよっ!
PayPayを実際に使ってみた

\iPhoneの方はこちらからダウンロード/
\Androidの方はこちらからダウンロード/

外食代を無料にする方法

外食って一人ならまだしも友人や職場の人と行くとけっこうな金額になるかと思いますが、「すこしでも外食代を節約したい!」という方には覆面調査のファンくるがおすすめ!

このファンくるを使用すると、普段何気なくしている外食が半額〜無料にすることができるんですっ。
アンケートに応えたり、写真撮影など各店で条件はあるものの、外食代が節約できるなら使わない手はないですよ!

インスタグラム