札幌駅でも販売しているあべ養鶏場えっぐぷりんから北見市のかぼちゃ「くり将軍」を使用した『かぼちゃぷりん』が10月8日(金)より発売!

あべ養鶏場えっぐぷりんの『かぼちゃぷりん』

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

北海道の素材だけで作るあべ養鶏場のえっぐぷりんから『かぼちゃぷりん』が10月8日(金)より期間限定で発売します!

北見市のかぼちゃ「くり将軍」と下川町の「えっぐぷりん」が夢のコラボレーション!

札幌を中心に東北・関東で「北海道イタリアン ミアボッカ」「北海道焼鳥いただきコッコちゃん」「イタリア料理 クッチーナ」など50店舗を経営する株式会社イーストンの食物販部門「あべ養鶏場 えっぐぷりん」から、素材全てを北海道の素材だけで作る(卵・てん菜糖・かぼちゃ(くり将軍)他)『かぼちゃぷりん』を期間限定で販売致します。

 

北見市でつくられる有機JAS認証のかぼちゃ「くり将軍」の特徴はホクホクとしていてそのままでも甘い!(糖度20~40度)

この「くり将軍」をたっぷり使ったかぼちゃぷりんは、ねっとりとしたかぼちゃの甘みと濃厚なのにあと味さっぱり感でお子さんにも大人にも喜んでもらえるハロウィンスイーツに仕上がりました。

あべ養鶏場えっぐぷりんの『かぼちゃぷりん』

かぼちゃぷりん
価格 480円(税込)
販売期間 10月8日(金)〜31日(日)
※販売期間は予告なしに変更となる場合があります。
取扱店舗 新宿pepe店 / Emio武蔵境店/ グランデュオ立川店 / 札幌駅直売店 / ECサイト
内容 人気のえっぐぷりんをベースにホクホクと甘い北海道北見産かぼちゃ「くり将軍」を贅沢に使った『かぼちゃぷりん』が2層になって見た目にも可愛らしく仕上げました。

あべ養鶏場の「えっぐぷりん」のこだわり

えっぐぷりんを製造する「あべ養鶏場」は最北端の養鶏業として創業50年以上続く老舗の養鶏場。

その養鶏場で酵素を食べて育つ鶏が産む卵「下川(しもかわ)六〇(ろくまる)酵素卵(こうそらん)」と、塩・甜菜・牛乳・生クリームぷりんに使う素材は全て北海道の素材のみ。

製造も北海道の下川町でひとつひとつ丁寧に手作りで作ること『全て北海道』にこだわって作っています。

 

あべ養鶏場の「えっぐぷりん」は、生みたてで新鮮な「下川六〇酵素卵」を贅沢に使い、そのほか北海道産(牛乳、生クリーム、甜菜糖、宗谷の塩)の素材のみで、余計な物をいっさい加えていない北海道をギュッと閉じ込めた一品です。

こだわり抜いた先に完成した「えっぐぷりん」は、あべ養鶏場でひとつひとつ作られ、素材の良さを味わってもらおうとカラメルを使っておらず、卵と牛乳の旨味がマッチした濃厚で深みのある風味豊かな味に仕上がっています。

下川六〇酵素卵(しもかわろくまるこうそらん) あべ養鶏場えっぐぷりん各店では、ぷりんのほかにもブランド卵の販売も行っています。

酵素や飼料など様々な研究の末に生み出された「下川六〇酵素卵」。

鶏の健康を第一に考えており、昆布酵素、乳酸菌など自家配合した餌、下川町の伏流水を与え、健康な鶏を育て、生臭さが無く、濃厚なのにあと味さっぱりの身体に優しく甘みある卵を生産しています。

株式会社あべ養鶏場 北海道でも北部に位置する森林の町 下川町、大自然の中に有るこの地では夏は30℃、冬は-30℃とその寒暖差は60℃にもなります。

その厳しい環境で育てられるニワトリは健康で強い生命力を持っています。

当然その卵は安心・安全でおいしいものです。

この地であべ養鶏場は50年以上も卵の生産を行っています。

あべ養鶏場

えっぐぷりん 商品ラインナップ

※2021年10月現在

あべ養鶏場えっぐぷりんのラインナップ

おうちハロウィンスイーツとして、お土産スイーツとしても喜ばれる期間限定スイーツをぜひお楽しみください。

※オンラインショップでも購入可能

オンラインショップ

あべ養鶏場えっぐぷりんの店舗情報

あべ養鶏場えっぐぷりん
場所 札幌市北区北6条西4丁目 JR札幌駅構内 札幌駅構内東口改札出て左
アクセス 札幌駅直結
営業時間 9:00〜20:00
金土 9:00〜21:00

あべ養鶏場の『えっぐぷりん』【あべ養鶏場えっぐぷりん】札幌駅に2,000個を完売した人気プリンの初の直営店がオープン!
この記事のURLをコピーする