北海道共通ポイントカード「EZOCA」会員200万人突破!道内で「2.5人に1人が所有している」カードに成長

EZOCA-会員数17.5万人から7年間で200万人へ

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

サツドラホールディングス株式会社のグループ企業である株式会社リージョナルマーケティング(RM)は、北海道共通ポイントカードEZOCAの会員数が200万人突破したことをお知らせします!

地域やスポーツチーム、提携店と協力し「EZOCA還元プログラム」も実施

RMは【地域が輝くプラットフォームづくり】をコンセプトに掲げ、2014年6月に会員数17.5万人、提携店33社276店舗でEZOCAサービスを開始しました。

2021年8月末日時点で会員数は200万人を超え、提携店164社747店舗と成長を続けています。

一目でわかるEZOCAの特徴はコチラ!一目でわかるEZOCAの特徴はコチラ!

EZOCA会員データの特徴として、道内の人口カバー率は40.1%を超えており「2.5人に1人」が所有し、EZOCA会員構成の特徴も30~50代女性が62.4%と、高いカバー率となっています。

 

これまで地元のスポーツチームや自治体などとコラボやタイアップしたカードを発行し、提携店協力のもと売上の一部を寄付する(累計総額約800万円)「EZOCA還元プログラム」を取り入れるなど、地域密着型の地元北海道を盛り上げる活動も行って参りました。

EZOCA-会員数17.5万人から7年間で200万人へ会員数17.5万人から7年間で200万人へ

EZOCA-スポーツチームや自治体とのコラボカードなど現在発行中の全14種類スポーツチームや自治体とのコラボカードなど現在発行中の全14種類

EZOCA還元プログラムについて

RMは現在、地域や市町村、提携店と協力し、地元で使われたポイント手数料の一部を地域に還元する「EZOCA地域還元プログラム」を2017年から実施しています。

礼文島・利尻島では離島振興を目的としてお祭りやイベントに還元し、江差町では今後取り組んでいく予定です。

礼文島EZOCA会との取り組み

EZOCA-初の地方自治体オリジナル版「江差EZOCA」初の地方自治体オリジナル版「江差EZOCA」

また北海道のスポーツチームと提携店協力のもと各チームのオリジナルEZOCAを作成し、ポイント手数料の一部をチームの強化費などに還元する「EZOCAスポーツチーム還元プログラム」も2015年から実施しています。

 

広い北海道でたとえ直接会場に行けなくても、日常の買い物や飲食でチームを応援できるという革新的なモデル運用に至りました。

2015年に北海道コンサドーレ札幌(Jリーグ)、2016年にレバンガ北海道(Bリーグ)、2019年にヴォレアス北海道(Vリーグ)、2020年に北海道十勝スカイアース(サッカー地域リーグ)と現在連携しています。

株式会社コンサドーレとの取り組み

EZOCA-2015年から続く北海道コンサドーレ札幌との取り組み(右:代表取締役社長兼COO 渡部 真也)2015年から続く北海道コンサドーレ札幌との取り組み(右:代表取締役社長兼COO 渡部 真也)

EZOCA(エゾカ)公式サイト

この記事のURLをコピーする