宅配寿司「銀のさら」は『長崎フェア』と題しイサキ・メジナを6月1日(火)より公式サイト限定で発売!

銀のさらの『長崎フェア』

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。

Instagram

 

宅配寿司「銀のさら」は『長崎フェア』と題して、この時期に旬を迎える「イサキ」・「メジナ」を、公式サイト限定で6月1日(火)~7月18日(日)の期間、数量限定で販売します!

銀のさら 公式サイト

梅雨に“旬”を迎える長崎の魚『イサキ』・『メジナ』を期間限定販売

公式サイト限定販売商品として、梅雨~初夏にかけて「旬」を迎える、長崎産『イサキ』・『メジナ』をそれぞれ単品と、『イサキ』・『メジナ』を1貫ずつ使用した『海(かい)1人前』の3商品を販売します。

銀のさらの『長崎フェア』-イサキ

イサキ(1貫) 205円(税込)

銀のさらの『長崎フェア』-メジナ

メジナ(1貫) 205円(税込)

銀のさらの『長崎フェア』-海(かい)1人前

海(かい)1人前 1,814円(税込)
地元の漁師が胸を張っておすすめする、初夏を告げる長崎の「イサキ」
銀のさらの『長崎フェア』-初夏を告げる長崎の「イサキ」

 

「イサキ」は全国での水揚げ量の約30%が長崎県となっており、この時期の長崎を代表する魚。

 

また『プライドフィッシュプロジェクト(※)』において、「イサキ」は長崎県の「プライドフィッシュ」に登録されており、地元の漁師が自信をもって勧める魚です。

夏の産卵に向けたっぷりと身に脂をため込んだ6月のイサキのことを【梅雨イサキ】とも呼び、旬を迎えた魚として“鯛よりも美味しい”と評価されています。

 

今回はたんぱくな身と脂を最大限に活かす湯引きに仕上げ、淡いピンク色の身は弾むような歯ごたえがあり、くせのない旨みを引き出しています。

速い潮の流れにより身がしまり、旨味がぎゅっと凝縮された「メジナ」
銀のさらの『長崎フェア』-旨味がぎゅっと凝縮された「メジナ」

 

長崎県の五島列島は潮の流れが速い対馬海流が流れ込み、魚のエサが豊富な有数の好漁場となっています。

ここで漁獲される「メジナ」は海流によって身が引き締まり、海中を広く回遊しているため磯臭さがなく、旨味がぎゅっと凝縮されていることが特徴です。

「銀のさら」ではこの旨みが凝縮された「メジナ」を、特別な凍結技術を用いることで鮮度・食感・風味を維持し、本来の旨味を最大限に引き出しました。

 

銀のさらが「いま!」おすすめする長崎で獲れた美味しい2ネタ、ぜひ味わってみてください!

※店舗により取り扱いの無い場合があります。
※数量が無くなり次第、期間中であっても販売を終了させて頂きます。

銀のさら 公式サイト

この記事のURLをコピーする