ハードロック・ジャパンが札幌市民ホールで2年目『Hard Rock Family Live』を開催!

ハードロック・ジャパンが札幌市民ホールで2年目『Hard Rock Family Live』を開催!

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

世界70カ国以上にて200以上の施設を展開するハードロック・インターナショナルの日本法人、ハードロック・ジャパンは、2020年2月4日(火)〜6日(木)の3日間、カナモトホール (札幌市民ホール)にてコンサート『Hard Rock Family Live』を開催します!

Hard Rock Family Liveの場所や開催日程など

Hard Rock Family Live
場所 札幌市中央区北1条西1丁目 カナモトホール (札幌市民ホール)
開催期間 2020年2月4日(火)〜6日(木)
開催時間 18:00開場、19:00開演

MIYAVI、加藤ミリヤ、MONKEY MAJIKが豪華ライブを実施

2年目の開催となる『Hard Rock Family Live』では、MIYAVI、加藤ミリヤ、MONKEY MAJIK計3組の豪華アーティストが、1日1組登場しワンマンライブを行います!

幅広い世代が楽しめるリゾートの開発を目指すハードロック・ジャパンは、今回のコンサートにおいても大人から子どもまで楽しめるようにとバリエーション豊かなジャンルのアーティストを北海道に招待しました。

 

今回のオープニングアクトもハードロックの哲学のひとつである“ALL IS ONE™”を体現し、KAPIW & APAPPO、札幌大学ウレㇱパクラブ(※)、MAREWREWの3組のアーティストによるアイヌの音楽、歌や踊りをテーマにしたエンターテインメントを実施。
※「シ」は、アイヌ語のカタカナ表記では字体を小さくします。

聴覚障害の方でも楽しめる!

さらに2019年のHard Rock Family Liveにてハードロック初の試みとして実施した、聴覚障害の有無に関わらず音楽を楽しんでもらうことを目的に導入した『サウンドハグ』に引き続き、今回は富士通の『オンテナ』とパイオニアの『ボディソニック』を導入します。

 

オンテナは髪の毛や耳たぶ、えり元やそで口などに身に付け使用する、振動と光によって音の特徴をからだで感じることのできるデバイスです。

▽オンテナオンテナ

またボディソニックは、振動装置が組み込まれたポーチとザブトンクッションで構成されており、振動ユニットから臨場感溢れる重低音振動を直接体に伝えることができます。

▽ボディソニックボディソニック

これらのデバイスを体験できる空間を提供することで、聴覚障害をお持ちの方も隔てなくハードロックの提供する音楽を始めとするエンターテインメントを楽しむことができます。

出演アーティスト

MIYAVI 2月4日(火)

MIYAVI

加藤ミリヤ 2月5日(水)

加藤ミリヤ

MONKEY MAJIK 2月6日(木)

MONKEY MAJIK

応募方法

応募は2020年1月16日(木) 23:59まで、ローソンチケットで受付をしています。

詳細に関してはハードロック・ジャパン公式ホームページを見てみてください!

ハードロック・ジャパン公式ホームページ

この記事のURLをコピーする