北海道マラソンが昨年に続き2021年度も中止にすると発表

マラソン

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

北海道マラソン組織委員会が北海道マラソン 2021を中止にすると発表しました。

 

北海道マラソンは日本国内で唯一、“夏に行われる本格的なフルマラソン大会”として、1987年に第1回を開催。

毎年8月の最終日曜日に開催していましたが、2020年度には以下の理由を挙げ、大会初の中止となりました。

中止理由

  1. 東京オリンピック・パラリンピックが行われる年でもあり運営に関わる要員の調整が難しいこと
  2. 東京オリンピックのマラソン・競歩で北海道マラソンの会場でもある大通公園に大会関係施設が設置され、原状回復に時間を要すること

 

そして2021年度も同理由により、開催中止とすることに。

北海道マラソン2021休止について

北海道マラソン組織委員会は、昨年に続き2021年大会の休止を決めました。

本大会は例年8月最終日曜日に開催されていますが、今年は東京パラリンピックの期間と重なり運営全般に関わる要員を確保するのが難しいこと、また8月5~8日に札幌で開催される東京オリンピックのマラソン、競歩競技で、北海道マラソンで会場としている大通公園内に大会関係施設が設置され、原状回復に長期間かかること―などが理由です。

ランナー、関係者のみなさまのご理解、ご協力をお願いいたします。

引用:北海道マラソン

この記事のURLをコピーする