北海道新聞 創刊80周年企画!“史上初”の読んでも食べてもタメになる『北海道 昆布新聞』の配布や昆布交通広告が登場

北海道新聞の『#北海道をコブしたいプロジェクト』-昆布新聞

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

株式会社北海道新聞社が発行する北海道新聞は、2022年11月1日(火)に創刊80周年を迎えました。

これを記念して北海道新聞東京支社営業局では、昆布の日である11月15日(火)に生産量日本一(※)を誇る北海道産の昆布をそのまま使用した北海道新聞、“史上初”の読んでも食べてもタメになる『北海道 昆布新聞』を北海道新聞本社正面玄関前にて限定100部を配布します!

※農林水産省大海区都道府県振興局別統計 魚種別漁獲量より

 

また先行して前日より【北海道を、コブしたい。】をテーマにしたリアル昆布交通広告を札幌駅前通地下歩行空間「チ・カ・ホ」に掲出するほか、コブ巻きベルトで道民を応援する企画なども実施。

これまで道民の一番近くで情報を届けてきた北海道新聞は、80年間の感謝とこれからの北海道の活気づけのため、北海道新聞ならではのユニークなアイデアで元気を届けていきます。

どさんこ昆布の魅力を発信し北海道を鼓舞〈コブ〉したい

北海道新聞の『#北海道をコブしたいプロジェクト』

「昆布」は道産が生産量日本一を誇る北海道の海の特産品。

古くから北海道漁業の重要な役割を担っている水産資源です。

 

そこで今回北海道新聞は、北海道産昆布のように「粘りある取材力で味のある記事を届け、これからの北海道を明るく盛り上げたい」という想いをもとに、 “史上初”の読んでも食べてもタメになる『北海道 昆布新聞』をはじめとする創刊80周年企画「#北海道をコブしたい」プロジェクトを実施します!

創刊80周年企画「#北海道をコブしたい」プロジェクト実施内容

北海道の昆布をそのまま使った“史上初”の昆布新聞

北海道新聞の『#北海道をコブしたいプロジェクト』-昆布新聞(道内向け)

北海道産の昆布に食用インクで直接印刷した、昆布新聞を発行します。

読めて食べられる昆布を活用した新聞は、北海道新聞“史上初”の取り組みです。

 

また紙面には昆布漁の発展の歴史や万能食材としての昆布の魅力を掲載。

昆布の栄養を余すことなく摂取する方法も記載しています。

 

■昆布新聞の配布について
日時:11月15日(火) 10:00~
場所:北海道新聞本社ビル正面玄関前
札幌市中央区大通西3丁目6番地
※限定100部配布予定

昆布の魅力や北海道を鼓舞する強い想いを表現した“昆布交通広告”が出現

北海道新聞の『#北海道をコブしたいプロジェクト』-昆布交通広告

札幌駅前通地下歩行空間「チ・カ・ホ」11番出入口横BISSE側(地下鉄大通駅側)に、「北海道を、コブしたい。」という想いをストレートに伝える交通広告を掲出します。

通常の紙面とは異なる、思わず足を止めてしまうようなインパクトのある構成で北海道と昆布のストーリーをお届け!

 

■昆布交通広告の掲出期間・場所について
日時:11月14日(月)~20日(日)
場所:札幌駅前通地下歩行空間「チ・カ・ホ」(11番出入口横BISSE側(地下鉄大通駅側))

北海道産昆布を使ったコブ巻きベルトを製作

北海道新聞の『#北海道をコブしたいプロジェクト』-コブ巻きベルト

縁起の良い食べ物として愛されてきた昆布巻きをチャンピオンベルトに模した「コブ巻きベルト」を製作。

15日付朝刊紙面で北海道を鼓舞しようと活動されている企業や商品、人物に巻いていただき、本紙紙面にてその功績を紹介します(予定)。

『北海道 昆布新聞』を徹底解剖!

今回『北海道 昆布新聞』を道内向けと道外向けでメッセージが異なる2パターンを作成。

内容としては北海道を明るく鼓舞するための力強いステートメントのほか、北海道の昆布漁にまつわる歴史や昆布の栄養素など読んでも食べてもタメになる文章が印字されています。

 

また道内向けには、北海道が誇る昆布の魅力再発見のために道民に昆布の「美味しさ」「大切さ」を知ってほしいという想いを記載。

さらに道外向けには、日頃から北海道産昆布を美味しく食べてもらっている方々に向けた感謝の言葉を記載するなど、多くの方に北海道産昆布の魅力を伝える内容が詰まっています。

北海道新聞の『#北海道をコブしたいプロジェクト』-昆布新聞(道内向け)道内向け

北海道新聞の『#北海道をコブしたいプロジェクト』-昆布新聞(道外向け)道外向け

 

北海道新聞 創刊80周年記念

この記事のURLをコピーする