HTB北海道テレビにて『FFFFF2022年末スペシャル』が12月30日(金) 15:30から2時間にわたって放送!

FFFFF2022年末スペシャル(C)HTB

FFFFF2022年末スペシャル(C)HTB

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

HTB北海道テレビでは、選手に密着し普段は見られない表情をファンに届け続けてきたファイターズ応援番組[FFFFF(エフファイブ)](毎週日曜 11:30~放送中)の年末特別編『FFFFF2022年末スペシャル』を2022年12月30日(金) 15:30から2時間にわたってお送りします!

普段は見ることが出来ない選手たちの素顔&マル秘エピソードが満載

BIGBOSSのもと、1年を戦い終えた選手たちは、一体どんな変化を遂げたのか。

FFFFFらしい、ゆる~い企画から見えてくる選手たちの変化とは…。

 

さらに2004年、北海道にチームが誕生して以来19年間本拠地として数々のドラマと思い出を生んできた札幌ドームでの戦いを振り返ります。もちろん、来年3月に開業する新球場の情報も!

2007年の番組スタート以来15年にわたって選手の素顔を追い続けてきたFFFFFだからこそできる珠玉の企画満載でお送りします!

新球場で未来のファイターズを担う2人に直撃!

左から野村佑希選手、清宮幸太郎選手(C)HTB

左から野村佑希選手、清宮幸太郎選手(C)HTB

新球場を舞台に、未来のファイターズを背負う、清宮幸太郎選手と野村佑希選手を直撃。

長打力が持ち味の2人が語った、新球場第一号への思いとは。

 

さらに来シーズンから背番号が「5」に変わる野村選手が書いた新背番号での初サインは、意外な場所でした。

清宮幸太郎選手(C)HTB

清宮幸太郎選手(C)HTB

野村佑希選手(C)HTB

野村佑希選手(C)HTB

1年の疲れをショッピングで発散!コストコお買い物対決!

コストコお買い物対決!左から玉井大翔投手、清水優心選手(C)HTB

コストコお買い物対決!左から玉井大翔投手、清水優心選手(C)HTB

2022年シーズンの激闘を終えた選手たち。

143試合を戦い抜くうちに溜まった疲れをショッピングで癒してもらいたい!というお買い物企画。

 

コストコホールセール札幌倉庫店を舞台に、佐呂間町出身の玉井大翔投手と正捕手を目指す清水優心選手が、総重量10㎏を目指してお買い物スタート!

勝てば選んだ商品を番組からプレゼント。

負ければもちろん、罰ゲームが待っています。

買い物中に垣間見える、二人の素顔は必見です!

玉井大翔投手(C)HTB

玉井大翔投手(C)HTB

清水優心選手(C)HTB

清水優心選手(C)HTB

杉谷拳士さん&伊藤大海投手トークショー

番組初の公開収録!左から伊藤大海投手、杉谷拳士さん(C)HTB

番組初の公開収録!左から伊藤大海投手、杉谷拳士さん(C)HTB

番組初の公開収録!

今シーズン限りで14年間の現役生活を終えた杉谷拳士さんとルーキーイヤーから2年連続で二桁勝利を挙げた、鹿部町出身の伊藤大海投手が、たくさんのファイターズファンを前に赤裸々トークを繰り広げました。

番組初の公開収録!左から杉谷拳士さん、伊藤大海投手(C)HTB

番組初の公開収録!左から杉谷拳士さん、伊藤大海投手(C)HTB

今川優馬が夢を語る

札幌出身でファンクラブ会員兼現役選手の今川優馬選手。

札幌ドームに通い、プロ野球選手になりたいという夢を大きく育てた少年時代。

しかしその道のりは、決して平たんなものではありませんでした。

二桁背番号でベンチを温めた高校生の頃。

試合にすら出ることが出来なかった大学生の頃。

それでも、夢をあきらめず、夢を掴んだ今川選手が抱く、現在の夢とは。

宮西尚生の“ラストチャンス”

宮西尚生投手(C)HTB

宮西尚生投手(C)HTB

入団以来続いた「シーズン50試合以上登板」の大記録は、今年、ついに途絶えました。

チームのために振り抜き続けた左腕は常に痛みを抱え、15年間で降り積もった全身の疲労感は、何をしても消えることはありません。

名声も、実績も、プロ野球界で手に入れることができるものは全て手にしたかに見える宮西尚生投手が、それでも現役を続ける決断を下した理由とは。


他、ファンが選ぶ札幌ドーム名場面やホクレンとファイターズがタッグを組んだ「ミライスマイルTV」の総集編も放送します。

FFFFF(エフファイブ) 2022年末スペシャル
放送日時 2022年12月30日(金) 15:30~17:30
出演者 北海道日本ハムファイターズ選手のみなさん、杉谷拳士さん、谷口直樹(HTBアナウンサー)ほか
制作スタッフ ゼネラルプロデューサー 福田恭典、プロデューサー 谷口直樹、チーフディレクター 岡野馨
この記事のURLをコピーする