2023年さっぽろ雪まつり「雪のHTB広場」大雪像が『豊平館』に決定!豊平館独自の様式美を精細な箇所まで忠実に再現

2023年さっぽろ雪まつり「雪のHTB広場」大雪像『豊平館』(C)HTB

2023年さっぽろ雪まつり「雪のHTB広場」大雪像『豊平館』(C)HTB

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

来年2月に開催の札幌市制100周年記念第73回さっぽろ雪まつり・大通西8丁目「雪のHTB広場」に、豊平館が大雪像として姿を現すことが決まりました!

 

豊平館は1880年、開拓使直営のホテルとして建築され、1958年に現在の所在地である中島公園内に移築。

いまもなお多くの市民や観光客に親しまれています。

 

建物全体はアメリカ風様式を基調としながらも、正面玄関の円柱や半円形のバルコニーにはヨーロッパ風様式を採用し、円弧型の破風飾りには開拓使の建物であることを示す五稜星があしらわれるなど、一つの建物に様々な様式やモチーフを見つけることができる美しい建物で、1964年に国の重要文化財へ指定されました。

 

大雪像『豊平館』は「アイスブロック工法」と言われる独自の技術で、雪で作った細かいパーツを貼り付け、豊平館独自の様式美を精細な箇所まで忠実に再現。

制作は「HTB北海道テレビ」と「陸上自衛隊第18普通科連隊」が共同で行い、延べ3,800人の自衛隊員が1月7日(土)から2月3日(金)まで、28日間かけて制作します。

2023年さっぽろ雪まつり「雪のHTB広場」大雪像『豊平館』(C)HTB

2023年さっぽろ雪まつり「雪のHTB広場」大雪像『豊平館』(C)HTB

第73回 さっぽろ雪まつり
開催期間 2023年2月4日(土)~11日(土)
場所 大通8丁目「雪のHTB広場」
大雪像サイズ 幅22m・奥行19m・高さ10.6m【10tトラック換算で約174台分】
この記事のURLをコピーする