画家・ジミー大西の全国巡回展『ジミー大西 画業30年記念 作品展「POP OUT」』が2022年 秋に札幌三越で開催予定!未発表の新作シリーズまで100点以上の作品を展示

ジミー大西 画業30年記念 作品展「POP OUT」

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

2022年に画業30年をむかえる画家・ジミー大西の全国巡回展『ジミー大西 画業30年記念 作品展「POP OUT」』が、2022年 秋に札幌三越で開催予定!

ジミー大西 画業30年記念 作品展「POP OUT」 in 札幌三越の開催期間など

ジミー大西 画業30年記念 作品展「POP OUT」 in 札幌三越
場所 札幌市中央区南1条西3丁目8 札幌三越
開催期間 2022年 秋開催予定
企画制作 吉本興業株式会社
企画内容 新旧 約100点の作品展示・オフィシャルグッズ販売
イベント 会期中、開催会場にて本人出演イベントを予定
ホームページ ジミー大西 画業30年記念 作品展「POP OUT」 特設サイト

ジミーの30年を網羅する作品展!

初期の頃から海外移住期、未発表の新作シリーズまで100点以上の作品を展示する、ジミーの30年を網羅する作品展となっています。

1992年TV番組の企画をきっかけに本格的に絵を描き始めたジミーは、著名芸術家や専門家からも高い評価を得て、画家としての活動をスタートさせました。

自身の作品の可能性を追い求め、憧れの芸術家・ピカソが生まれた国スペインへ移住、その後、世界中を放浪しながらその土地から様々な影響を受け、多彩な作品が誕生しました。

帰国してからも絵を描き続けていたジミーは2015年に突如、絵を描くことをやめてしまいます。

休筆してから画家としての活動をやめていたジミーでしたが、人生の師と仰ぐ明石家さんまから「コロナで仕事のない人が大勢いる。絵でもお笑いでも人を楽しませるのに、お金なんか関係ない」という言葉を受け、2020年本格的に創作活動を再開しました。

画業を再開してからのジミーは色彩を幾重にも重ねて立体感を出す技法を新たに駆使し、これまでに無かった新しい表現にも意欲的に取り組むようになります。

 

今展はそれら未発表の新作シリーズに加えて、初期の頃から海外移住の頃の作品まで網羅するジミー大西の画業30年を振り返る全国巡回展です。

 

また今展ではジミーにしかできない新しいアートの表現としてパフォーマンスアートにもチャレンジし、その制作過程の映像と完成作品を展示するなど、唯一無二の表現者として、これからのジミー大西の可能性を考える展覧会となっています

「四角い枠を気にせず、キャンバスからハミ出しちゃえばいい」ジミーが画家となるきっかけをくれた芸術家・岡本太郎氏からもらった言葉を今も大事に、さらにその先の表現へ『飛び出す』新しいステージの ジミー大西 にご期待ください!

ジミー大西

ジミー大西 天然キャラクターから繰り出される衝撃的な笑いを武器に数多くの番組で活躍中。

数々の天然エピソードも有名で、一発ギャグも多くもつお笑い芸人。

読売テレビの企画「ジミー大西 画壇にデビュー」で絵画を発表し、専門家からも評価を得る。

1992年 テレビ番組の企画で絵画発表、注目を浴びる。
1993年 渋谷で初の個展を開催。
1996年 芸能活動を休業し、絵画に専念。ピカソの国スペインへ移住。
1997年 ジミー大西絵画展 全国巡回。
1999年 ブラジル・パラ州政府から文化功労賞を贈られる。「第23回世界新体操選手権大会」記念切手 原画制作。
2000年 ジミー大西 原画展(東京)を開催。
2002年 個展「ジミー大西のEnergy of Nature展」(東京・京都)を開催。
2003年 ボジョレー・ヌーボーのラベルデザインに採用。
2008年 スペイン移住後 日本と往来しつつ世界各地を放浪の後、1月第二の故郷となる地中海・マルタ島に移住。「夢のかけら展」開催全国12会場を巡り圧倒的集客を記録。
2012年 グッチ新宿店にて「ジミー大西“ドリーム ワークス”展」を開催。画家生活20周年を記念する個展「挑戦と革新」開催。銀座三越をスタート全国巡回展 圧倒的な入場者数を記録。
2015年 休筆
2020年 画家として5年ぶりに創作活動再開。
2022年 画業30年

展示構成

制作年代ごとに展示区画を分け、5つの区画で展示空間を構成。

1993-1995 デビュー~初期作品

ジミー大西の『ジャングルの眼 1994』ジャングルの眼 1994

ジミー大西の『芸能界 1994』芸能界 1994

1996-1999 芸能活動を休業~スペイン移住期

ジミー大西の『シンガポール 1998』シンガポール 1998

ジミー大西の『都会 1997』都会 1997

2000-2007 多様な創作活動の展開期

ジミー大西の『ワニくん 2001』ワニくん 2001

ジミー大西の『フラメンコ 2002』フラメンコ 2002

2008-2015 世界中を放浪~マルタ島移住期

ジミー大西の『野原 2008』野原 2008

ジミー大西の『ファッション 2012』ファッション 2012

2020-現在 創作活動の再開から現在まで

ジミー大西の『ニャン太郎 2020』ニャン太郎 2020

ジミー大西の『THE 銀座 2022』THE 銀座 2022

 

長年、画家として活動してきたジミー大西が、画業30年を期に、全く新しいアート表現にチャレンジします。

自身の新しい表現の可能性を求め、初めてパフォーマンスアートでの作品を制作、その記録映像と完成作品を展示予定です。

【アーティスト】ジミー大西
【監修】高須光聖
【映像】COSMIC LAB
【制作】株式会社バックアップメディア

この記事のURLをコピーする

■記事まとめ