人文書専門サイト「じんぶん堂」が紀伊國屋書店 札幌本店にて1周年記念のブックフェア開催中!

紀伊國屋書店×じんぶん堂

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。

Instagram

 

株式会社朝日新聞社が出版社と共同運営する、人文書を紹介するウェブサイト「じんぶん堂」が、11月26日(木)にオープン1周年を迎えました。

これを記念して、株式会社紀伊國屋書店協力のもと、東京・大阪・広島・札幌の4店舗でブックフェア『今こそ読みたい人文書セレクション』を開催しています!

ブックフェア「今こそ読みたい人文書セレクション」について

今回開催するブックフェア『今こそ読みたい人文書セレクション』では、「じんぶん堂」に加盟し人文書を発行する出版社10社や立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明氏、作家で近現代史研究者の辻田真佐憲氏、紀伊國屋書店「じんぶん大賞」選考委員の書店員らが、2020年の今こそ読んで欲しい人文書を選び、おすすめコメントとともに紹介しています。

選書は『社会心理学講義 〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉』『哲学トレーニングブック』『教養の書』など、哲学や歴史、社会について考える書籍29点。

 

フェア対象書籍の推薦コメントや「じんぶん堂」おすすめ記事をまとめた小冊子を店頭で配布します。

紀伊國屋書店×じんぶん堂-紀伊國屋書店新宿本店じんぶん堂ブックフェア 紀伊國屋書店新宿本店

今こそ読みたい人文書セレクション
場所 紀伊國屋書店 札幌店
開催期間 11月20日(金)~2021年1月20日(水)
ホームページ じんぶん堂 公式サイト

「じんぶん堂」とは

じんぶん堂

AI(人工知能)が人間を超えつつあるとも議論される今こそ、人間が人間らしくあるために、知ること、考えること、そして自分で判断して表現することの、いわゆる「人文知」がますます必要になってきています。

朝日新聞社は、発起人である晶文社、筑摩書房、白水社、平凡社とともに、人文書の魅力を伝えるプロジェクトを始めました。

 

その一環として、本に特化した朝日新聞社のバーティカルメディア「好書好日」内に、昨年11月26日、人文書の特設サイト「じんぶん堂」を開設し、加盟出版社、書店などが、人文書に関する記事を配信しています。

 

現在の加盟社は10社で、今後さらに拡大し、人文書の面白さや「人文知」の大切さをより多くの方に届けてまいります。

 

【加盟社】明石書店、春秋社、晶文社、世界思想社、創元社、大和書房、筑摩書房、白水社、平凡社、ミネルヴァ書房、朝日新聞社(2020年11月現在)

紀伊國屋書店 札幌本店の店舗情報

紀伊國屋書店 札幌本店
場所 札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55
営業時間 10:00〜21:00

この記事のURLをコピーする