京王プレリアホテル札幌にて“北大牛乳とのコラボメニュー”が6月1日(火)より提供開始!

京王プレリアホテル札幌 × 北大牛乳のコラボメニュー『牧場ロールケーキ』

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

京王プレリアホテル札幌ではホテルの朝食を通じて、お客さんが食材の新たな一面に出会える「“まだ知らない”北海道を朝食から」と題した年間プロジェクトを2021年度から開始。

第1弾として北海道大学で生まれた「北大牛乳」を活用したメニュー2品を開発し、6月1日(火)から朝食ブッフェにて提供します!

“まだ知らない”北海道を朝食から!体験型プロジェクト第1弾

京王プレリアホテル札幌ではこれまでも、料理長自ら生産地を訪れて目利きした北海道産食材を、洋風にアレンジしたオリジナルメニューを提供しており、その中でこだわりを消費者に直接伝える場が少ない、やむを得ない食材の処分によるフードロスの発生など、生産者が抱える様々な課題に触れてきました。

今回課題解決に向けて、お客さんが朝食を楽しみながら北海道食材の新たな一面を知り、生産者の応援にも繋げていく体験型プロジェクトを始動します。

 

第1弾となる「北大牛乳」とのコラボレーションは、両者が徒歩1分の近さにあることと、“北大牛乳”ブランドの向上を目指す北海道大学と、まだ知られていない北海道食材をお客さんに伝え、生産者とともに課題解決に取り組みたいという想いが合致し、実現に至りました。

北大農場での放牧風景

北大農場での放牧風景北大農場での放牧風景

北大牛乳北大牛乳とは北海道大学で研究用として飼育されている牛から絞った牛乳で、冬には大学内で作られるトウモロコシや干し草を餌にするため濃厚な甘みがあり、夏は大学内の草原に放牧され、牧草を餌に育つため、青草の香りが口いっぱいに広がり爽やかな後味になり、年間を通じて味が大きく変化することが特徴です。

研究用のため供給量が限られていることから、これまで北大マルシェCafe&Laboなどにて一部成乳、提供されるものを除き、その大部分は北大牛乳とは知られることなく世に出ていました。

この北大牛乳をホテルのシェフが洋風にアレンジし、北海道の農場の牛と牧草ロールをイメージした『牧場ロールケーキ』と、北大牛乳の白さを活かし新玉ねぎと合わせた『白いスープ』を朝食ブッフェにて提供します。

北大牛乳とのコラボメニューについて

北大牛乳とのコラボメニュー
提供場所 京王プレリアホテル札幌 朝食会場
開始日 6月1日(火)
※5月31日(月)宿泊
メニュー ・牧場ロールケーキ
・白いスープ

京王プレリアホテル札幌 × 北大牛乳のコラボメニュー『牧場ロールケーキ』

牧場ロールケーキ 北海道の農場風景をイメージし、牛に見立てた「モーモーロールケーキ」、夏と秋の牧草ロールに見立てた笹ときなこのロールケーキです。

クリームはもちろん生地にも北大牛乳が練り込まれています。

京王プレリアホテル札幌 × 北大牛乳のコラボメニュー『白いスープ』

白いスープ 北海道産卵を使用したロワイヤルの上に、北大牛乳と新玉ねぎのスープを注いだ春を感じる1品です。

ホテル朝食について

京王プレリアホテル札幌の朝食ブッフェ

ホテル朝食について
形態 ブッフェスタイル
場所 札幌市北区北8条西4丁目11-1 京王プレリアホテル札幌1階
営業時間 5:00〜11:00
料金 大人(13歳〜) 1,980円
子供(6~12歳) 980円
幼児(~5歳) 無料
※利用は宿泊者のみ
特徴 フランス料理界最高の名誉のひとつである「レ・ディシプル・ド・オーギュスト・エスコフィエ」の称号を持つ京王プラザホテル札幌洋食料理長成田公洋が手がける、オリジナリティ溢れる朝食ブッフェです。

料理長自ら、季節ごとの最もおいしい「旬」の北海道産食材を、生産者のもとに足を運んで選び、食材を生かした調理をして提供しています。

連絡先 011-205-8111(ホテル代表)
ホームページ 朝食について

京王プラザホテル札幌洋食料理長 成田公洋京王プラザホテル札幌洋食料理長 成田公洋

京王プレリアホテル札幌 朝食年間プロジェクトについて

朝食年間プロジェクト

  • 概要
    魅力はあるものの、知名度や流通の課題から活躍の場を探している北海道の埋もれた食材や料理を、ホテルの朝食オリジナルメニューにアレンジして提供することで、お客さんに楽しみながら食材の新たな一面を体験していただくとともに、北海道の生産者を応援するものです。
  • 期間
    2021年度に4つの食材にて実施(予定)

京王プレリアホテル札幌 朝食年間プロジェクトのスキーム本プロジェクトのスキーム

北海道大学生物生産研究農場について

北海道大学生物生産研究農場は1876年、札幌農学校の開設と同時に設立されました。

乳牛の研究は1889年より開始し、現在ではその子孫も含む約40頭の牛が農場内で育てられ、多様な研究に利用されるとともに、市内中心に広がる放牧風景は北大のシンボルとして親しまれています。

この農場から、毎日約400リットルの牛乳が搾乳されています。

北大マルシェCafe&Laboについて

北大マルシェCafe&Labo
場所 札幌市北区北9条西5丁目 北海道大学百年記念会館1階
営業時間 4月~10月 10:00~18:00
11月~3月 10:00~17:00
ランチタイム 11:00~14:00(通年)
定休日 火曜日
事業内容 北大農場で作られた牛乳の加工、販売
メニュー 北大牛乳(アイス / ホット) 350円
HOKUDAI Clark‘s Milk ジェラート 500円(カップ)
北大牛乳プリン 330円
連絡先 011-706-3213

北大牛乳北大牛乳

この記事のURLをコピーする