世界文化遺産への登録が決定的なあの縄文遺跡群を大特集!『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』が7月21日(水)より発売!

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

株式会社昭文社ホールディングスとその子会社である株式会社昭文社は、今月世界文化遺産への登録が有力視される北海道・北東北の縄文遺跡群の価値と現地・周辺の魅力をご案内する旅行ガイドブック『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』を、「北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド制作委員会」の協力の下、7月21日(水)より発売します!

遺跡の世界的価値と現地・周辺の魅力を知ってほしい!現地の方々とともに作った一冊

本書発売の経緯

北海道・北東北の縄文遺跡群が世界遺産登録間近に至るまでには、長年の関係者の努力の積み重ねがありました。

北海道の旅行ガイドブックの担当を長く務めその経緯を知った当社の担当編集者は、現地やその周辺スポットが魅力にあふれていることを熟知していたことから、縄文遺跡群とその周辺を旅行するためのガイドブックを企画・提案したところ、縄文文化の専門家や地元の学芸員、他様々な現地関係者の協力も得ることができ、このたび出版の運びとなりました。

本書の構成と特徴

第1章 「縄文」のことを知りたい 専門家委員会の委員長として世界遺産の登録に導いた比較考古学研究の権威、菊池徹夫早稲田大学名誉教授が世界史の中での縄文の価値をわかりやすく解説しています。

10のキーワードとイラストで紐解く「縄文のスゴイところ」も見どころです。

第2章 北海道・北東北の縄文遺跡群へでかけよう 本書のメインコンテンツです。17の遺跡を139ページにわたり紹介、地元学芸員さんのおすすめ、遺跡のすごいポイント、遺跡の出土遺物が展示されている博物館や資料館と、そこでできる体験など情報満載です。

また遺跡周辺の見どころや地域に関わる楽しいコラムも付いています。

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-「大船遺跡」紹介ページ「大船遺跡」紹介ページ

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-「函館・鹿部」紹介ページ「函館・鹿部」紹介ページ

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-「北黄金貝塚」紹介ページ「北黄金貝塚」紹介ページ

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-「三内丸山遺跡」紹介ページ「三内丸山遺跡」紹介ページ

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-「縄文時遊館」紹介ページ「縄文時遊館」紹介ページ

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-できること&コラムページできること&コラムページ

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-「青森タウン」紹介ページ「青森タウン」紹介ページ

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-旅のポイント&コラムページ旅のポイント&コラムページ

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-青森をもっと楽しむ&地図ページ青森をもっと楽しむ&地図ページ

第3章 縄文を楽しむ ジワリと増えつつある縄文を愛する人々の活動や作品を紹介するコーナーです。

縄文に魅せられて様々な発信をされている人、かわいい縄文グッズ、縄文をイメージしたおやつのレシピなど、現代の私たちが真剣に縄文で萌えて遊んで楽しむためのヒントを様々な角度で紹介しています。

第4章 まだある!全国のすごい縄文遺跡&博物館 一度は行きたい日本各地の縄文施設をピックアップしました。

国宝のある博物館や国指定の史跡など、地域の特色が表れた貴重な縄文文化にふれることができるスポットを収録しています。

第5章 旅の計画 北海道、青森、岩手、秋田と広範囲にわたる今回の遺跡群を上手に楽しむための周遊ルートや交通アクセス情報、パッケージツアーなどをコンパクトに紹介しています。

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-縄文グッズ紹介ページ縄文グッズ紹介ページ

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-「全国のすごい縄文遺跡&博物館」紹介ページ「全国のすごい縄文遺跡&博物館」紹介ページ

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-旅の計画ページ旅の計画ページ

縄文初心者にも楽しめる工夫を随所に凝らしつつ、遺跡マニア、考古学ファンの方も十分堪能できる、充実の誌面構成となってます。

また「コロナ禍の下では読み物として、アフターコロナにおいては実際に現地に行ってぜひ活用してもらいたい」という願いを込めた一冊です。

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』-「縄文時代の気候変動と6つのステージ」「縄文時代の気候変動と6つのステージ」

北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド
定価 1,430円(本体1,300円+税10%)
発売日 7月21日(水)
販売場所 全国の主要書店で販売
体裁・頁数 A5判、本体176頁
出版社 株式会社 昭文社
この記事のURLをコピーする