モエレ沼公園 ガラスのピラミッドにて『第1507回札幌市民劇場 木上智保子マリンバリサイタル vol.1』が6月26日(土)に開催!カンフェティにてチケット発売

『第1507回札幌市民劇場 木上智保子マリンバリサイタル vol.1』

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

モエレ沼公園 ガラスのピラミッド アトリウム1/アトリウム2にて、Chihoko&『第1507回札幌市民劇場 木上智保子マリンバリサイタル vol.1』が6月26日(土)に上演されるにあたり、5月10日(月)よりカンフェティにてチケットの発売を開始します!

コンクールで優勝も出来なかったし、留学もしてないけど20代の間に人生初のマリンバリサイタルを開催したい・・・。

コロナ禍ですが時間は待ってくれない!29歳!今だから出来るマリンバソロリサイタルを札幌で開催します!

 

マチネ公演は演奏&トーク。

マリンバのための作品を演奏しながらリサイタルの聴き方や拍手のタイミング、演奏会用語を広島弁炸裂で解説!

ソワレ公演は無伴奏一本勝負。

私のはじめてを一緒に体験してみませんか?

 

『第1507回札幌市民劇場 木上智保子マリンバリサイタル vol.1』
『第1507回札幌市民劇場 木上智保子マリンバリサイタル vol.1』

木上智保子(きがみちほこ)広島県出身。

幼稚園年長からヤマハ音楽教室に通うものの、小学校5年生で挫折。

在籍中、エレクトーンアンサンブルで初めて打楽器に触れる。

サッカー、ダンス、バスケットと手を出すものの結局音楽に落ち着き、広島音楽高校に入学。

学校で打楽器全般を小川裕雅氏に、家が近所だった青山翔太氏に4本マレットの手解きを受ける。

在学中、定期演奏会でソリストとしてマリンバを演奏。

私にはこれしかない!と決意し関東上陸。大学では西久保友広、河野玲子、安藤芳広、石内聡明の各氏に師事。

私が一番感情を誰かに伝えられる手段はマリンバだ!と4年間マリンバを弾きまくる。(授業のアンサンブルや吹奏楽、オーケストラで打楽器も少しずつ学ぶ)

 

2012年ザルツブルグ国際マリンバコンクールセミファイナリスト。

第18回KOBE国際音楽コンクール打楽器C部門奨励賞。

第15回さくらぴあ新人コンクール第3位。

第11回イタリア国際打楽器コンクールマリンバ部門Cカテゴリーセミファイナリスト。

ユーフォニアム×マリンバユニットmarinnium、音楽高校の後輩保田奏子とのデュオリサイタルなど、精力的に演奏活動を行う。

2018年春よりマリンバの可能性を追求&普及 & 楽しむを柱とした「Chihoko&」を主宰。

令和元年度札幌市民芸術祭新人演奏会出演。2020年10月時計台ホールにてChihoko&vol.3開催。

札幌市在住。

第1507回札幌市民劇場 木上智保子マリンバリサイタル vol.1
出演者 木上智保子(きがみちほこ)
スタッフ Chihoko&
タイムテーブル 6月26日(土)
マチネ 開演 14:30 開場 14:00予定 (休憩なし、15:30終演予定) スペース1
ソワレ 開演 18:30 開場 18:00予定 (休憩あり、20:00終演予定) アトリウム2
チケット料金 【マチネ】一般:1,500円、学生:1,000円
【ソワレ】一般:2,500円、学生:1,500円
【マチネ&ソワレ】一般:3,500円、学生:2,000円
(全席自由・税込)
※両公演全席自由席。マチネ公演未就学児無料、ソワレ公演未就学児有料。

チケット情報

この記事のURLをコピーする