都市観光ホテルブランド「OMO」が“どうぶつ・レトロ建築・ご当地グルメ”をディープに周遊する『OMO(おも)の北海道よくばりハシゴ旅』を提案!

OMO7旭川-どうぶつ達と一緒に過ごして身も心も癒される「どうぶつサウナ」

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル「OMO(おも)」は、北海道観光を代表する3都市をディープに周遊する『OMOの北海道よくばりハシゴ旅』を提案します!

「OMO7(おもせぶん)旭川」の「どうぶつサウナ」でととのい、歴史的建造物をリノベーションした「OMO5(おもふぁいぶ)小樽」でレトロ時間を満喫、最後に「OMO3(おもすりー)札幌すすきの」でご当地グルメを食べつくす3泊4日のハシゴ旅です。

北海道観光を楽しめる周遊旅!

コロナ禍において旅行機会が限られる中、目的をひとつに絞らず、複数の名所や観光地をめぐるハシゴ旅が活況を迎えることが予測されます。(※1)

 

そこで北海道に3施設を展開する都市観光ホテルブランドOMOは、一度の旅行で特徴の異なる3都市をディープに周遊できるハシゴ旅を提案。
※1:新しい時代に対応する観光復興ガイド 2022-全国の事例 48 選-

OMOの北海道よくばりハシゴ旅 概要

【1泊目】旭川市でどうぶつと触れ合う(OMO7旭川)

旭山動物園で有名な旭川。

ホテルに居ながらもテンションを上げて過ごせるように、サウナや客室、館内プログラムのいたるところでどうぶつと触れ合うことができます。

 

・どうぶつ達と一緒に過ごして身も心も癒される「どうぶつサウナ」(※2)

OMO7旭川-どうぶつ達と一緒に過ごして身も心も癒される「どうぶつサウナ」

ホテル内にある「サウナ プラトー」にオリジナルで制作した全長約90cmのどうぶつサウナフィギュアが登場。

まるでどうぶつ達と共にサウナを楽しんでいるかのような空間です。

 

サウナ初心者でも、可愛いどうぶつと入ることで、癒やされて時間を忘れてしまうこと間違いなし!

※2:2022年5月31日まで開催

 

・シロクマ尽くしのコンセプトルーム「シロクマルーム」

OMO7旭川-シロクマ尽くしのコンセプトルーム「シロクマルーム」

旭山動物園で人気のシロクマをテーマにした客室を設えました!

シロクマのモフモフ感が感じられるベッドカバーや可愛いシロクマが描かれた備品を多数用意。

 

細部までシロクマ尽くしになっており、ルームキーやスマホスタンド、歯ブラシ置きまでシロクマ!

シロクマが主人公の漫画本も置いています。

 

・毎日無料で開催!「旭山動物園講座」

OMO7旭川-旭山動物園講座

ホテルでは毎日、ご近所ガイドOMOレンジャー(以下 OMO レンジャー)が旭山動物園を楽しむノウハウを伝授する「旭山動物園講座」を開催しています。

春はお花見にちなんで動物の鼻を見る「お鼻見」、夏はソフトクリーム勢力図など、その時期にしか楽しめないコンテンツにとことんこだわって伝えます。

【2泊目】小樽市で歴史的建造物をリノベーションしたホテルに泊まる(OMO5小樽)

北海道の玄関口として金融や商社が立ち並び、発展してきた街、小樽。

小樽市指定歴史的建造物をリノベーションしたレトロな建物に泊まって、港町の朝を満喫できます。

 

・「旧小樽商工会議所」をリノベーションしたレトロなホテル

OMO5小樽-「旧小樽商工会議所」をリノベーションしたレトロなホテル

旧小樽商工会議所で使われていた階段や棚、鏡台、消火栓などを館内のインテリアとしてそのまま活用しています。

フロントにある館内マップを片手にレトロ建築を楽しもう!

 

・小樽とスペインが融合したレトロなレストランでディナー

OMO5小樽-小樽とスペインが融合したレトロなレストランでディナー

旧小樽商工会議所の大会議室だった場所を改装したレストラン「OMOカフェ&ダイニング」では、スペイン料理をアレンジしたディナーコースを提供しています。

コースのメインには特殊な加工方法で骨まで食べられるニシンを使用した「ニシンのミックスパエリア」を用意。

ニシンの魅力を再発見すべく、地元の方に協力していただき開発した人気の一品です!

 

・街のレトロ建築を楽しめる「朝の堺町通りさんぽ」

OMO5小樽-朝の堺町通りさんぽ

明治、大正からの歴史的建造物が立ち並ぶ小樽で、OMOレンジャーが厳選した見どころだけをギュッと詰め込んだおさんぽツアー。

まだ観光客が少ない朝の時間から活気あふれる港町で、ガラス工房や洋菓子名店にも立ち寄ってお土産選びや朝スイーツも満喫することができます。

 

・朝パフェ「目覚めのフロマージュパルフェ」

OMO5小樽-目覚めのフロマージュパルフェ

おさんぽの後には小樽洋菓子舗 LeTAO(ルタオ)とコラボレーションした朝パフェがおすすめ!

ヨーグルトやナタデココなどの発酵食材と北海道を代表するスーパーフルーツを使用した、朝にぴったりのパフェです。

 

堺町通り商店街にある「ルタオパトス」の専用スペースで、歴史的建造物が並ぶ小樽の街を眺めながら食べることできます。

【3泊目】ご当地グルメを食べつくして幸せな夜更かし(OMO3札幌すすきの)

食の魅力がつまった街「すすきの」を楽しむ仕掛けが、あちこちにつまったホテルを拠点に、幸せな夜更かしを満喫できます。

 

・「すすきのアペロミーティング」でお店をリサーチ

OMO3(おもすりー) 札幌すすきの by 星野リゾートの『すすきのアペロミーティング』

ホテルでは毎日、OMOレンジャーが食をテーマに、今夜行きたくなるお店の情報を発信する「すすきのアペロミーティング」を開催しています。

ジンギスカンやラーメンなど、クイズや店舗紹介を交えながら楽しく伝えているので、ドリンク片手に気軽に参加してみて。

 

・すすきのの老舗飲食店をはしごする「すすきのはしご酒ツアー」

OMO3(おもすりー)札幌すすきの-すすきのはしご酒ツアー

老舗料亭と札幌最古の炉端焼き店を OMO レンジャーと巡ります。

1軒目の老舗料亭「杉ノ目」では、地酒と季節の海鮮を使った日替わりの一品を2軒目の札幌最古の炉端焼き店「ウタリ」では、ホッケやイカなどの海鮮焼きを堪能。

最後には杉ノ目の料理長と共に開発した、野菜や果物本来の優しい甘みが広がる「料亭〆パフェ」で締めくくります。

 

・夜更かしに最適!「OMO Food & Drink Station」

OMO3(おもすりー) 札幌すすきの by 星野リゾートの『OMO Food & Drink Station』

OMO Food & Drink Station では、24時間キャッシュレスで手軽にドリンクやおつまみ、軽食を購入できます。

アペロや晩酌、朝食などさまざまなシーンにぴったりな食べやすいサイズの商品を幅広く用意。

 

時間を気にせず過ごす、幸せな夜更かしをサポートします。

参考情報<スケジュール例>

1日目
15:00 OMO7旭川に到着、シロクマルームにチェックイン
20:00 旭山動物園講座で情報収集
22:00 どうぶつサウナでととのう

2日目
8:00 朝食
10:00 旭川市内観光
17:30 OMO5小樽に到着、館内でレトロ建築めぐり
19:00 OMOカフェ&ダイニングで夕食

3日目
8:00 朝食
10:00 朝の堺町通りさんぽ
11:00 目覚めのフロマージュパルフェ
12:00 小樽市内観光
15:30 OMO3札幌すすきのに到着
16:00 すすきのアペロミーティング
16:50 すすきのはしご酒ツアー
22:00 OMO Food & Drink Stationで夜食を購入し、幸せな夜更かしスタート

4日目
10:00 ゆっくり起床し、OMO Food & Drink Stationで軽めの朝食
11:00 札幌市内観光

OMO 公式サイト

この記事のURLをコピーする