札幌にあるおにぎり屋さんを調べてみました!

おにぎり

本日6月18日はおにぎりの日として制定されてる事をご存知ですか?

なんでもおにぎりの化石を発見した石川県中能登町がおにぎりの日として制定したらしいのですが、そもそもおにぎりの化石ってなんだと疑問を持った僕は石川県中能登町のホームページを確認してみる事に

 

するとそこにはほんとにおにぎりの化石が・・・・

 

 

正直、炭をおもいっきし拭き取った三角形のたわしだと言われてもおかしくない見た目なんですが、それはおのおので確認してもらいたいです

参考ホームページ:おにぎりの化石

 

 

札幌のおにぎり屋さん

 

そんなおにぎりですが、お米さえあれば家でも手軽に作る事ができるため実際におにぎり屋さんでおにぎりを食べたりする機会はあまりないんじゃないでしょうか

 

っと思い、札幌にあるおにぎり屋さんをまとめてみました!

 

 

店名:おむすび きゅうさん

住所:札幌市東区北9条東1丁目3−10

90年以上もの歴史をもつお米屋さん。季節によってお米を変更するというお米に対するこだわりよう。テレビでも取り上げられた事のある名店です

 

札幌市東区北9条東1丁目3−10

 

 

店名:おにとこ

住所:札幌市中央区南1条西23丁目1−33

お米は直接仕入れた「ななつぼし」を使用しており、美味しいおにぎりを提供するためにお米を固くしないよう少ない回数で握る等のこだわりをもっている

 

札幌市中央区南1条西23丁目1−33

 

 

店名:玄米ドコロ メグリメグル

住所:札幌市東区苗穂町4丁目4−16

玄米ごはんとスープの移動販売を行っており、東区苗穂町に店舗オープンしています。玄米ごはんには東京・蔵前「結わえる」の「寝かせ玄米」の手法で作るという本格派

 

札幌市東区苗穂町4丁目4−16

 

 

店名:ciel  cielo

住所:札幌市東区北23条東6丁目1−1

 

テイクアウト専門のおにぎり屋さん。スパムやクランチといった一風変わったおにぎりも扱っている

 

札幌市東区北23条東6丁目1−1

 

 

店名:なんぶ屋

住所:札幌市中央区南2条東2丁目11

 

素材はできるかぎり北海道産のものを使用するなんぶ屋。なんぶ屋では玄米と白米のおにぎりをそれぞれ取り扱ってます。
玄米では食べやすさを重視したおにぎりを作っており、白米は注文を受けてから握るという。

 

札幌市中央区南2条東2丁目11

 

 

以上5店舗を挙げてみましたが、他にもおにぎり屋さんとして有名な「ありんこ」等があります

それぞれのお店で使うお米だったり作り方だったり、それぞれのこだわりを持っていてお店の特徴となっていますね

 

家でのいつも通りのおにぎりに飽きてしまったら、お金を払って買う専門的なおにぎりもいいかもしれないです

 

それでは