ピザハットから“肉×パイン×ピザ”の組み合わせがついに実現!『プルコギ・フェスタ4』が6月21日(月)より発売!

ピザハットの『プルコギ・フェスタ4』

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。

Instagram

 

日本で初めて「プルコギピザ」を販売した日本ピザハット株式会社が展開する世界最大のピザチェーン「ピザハット」は、ピザハットの定番商品「特うまプルコギ」に、キムチ・ハラペーニョ・パイナップルの3種のトッピングを組み合わせ、1枚で4つの味のバリエーションを楽しめる新商品『プルコギ・フェスタ4』を6月21日(月)から8月15日(日)まで、一部店舗を除く全国のピザハット店舗にて発売します!

実はピザハットが元祖。ピザの新定番「プルコギピザ」の誕生背景

2000年の発売からピザハットで20年以上売上1位を誇っている「特うまプルコギ」(発売当初の商品名は「韓国風プルコギ」)。

その人気の秘密は、日本人好みのマヨソースに一度食べたらやみつきになるボリュームたっぷりのジューシーなプルコギの組み合わせです。

蜂蜜を隠し味にした特製のプルコギの甘辛ダレが絶妙なハーモニーを生み出します。

韓国料理であるプルコギをトッピングしたピザはすっかり定番となりましたが、実はプルコギピザを日本で最初に販売したのはピザハットでした。

ピザハットの『特うまプルコギ』特うまプルコギ

ピザハットがアメリカンピザに韓国料理のプルコギを乗せたワケ​

ピザハットが提供する、アメリカンピザと言われるピザは、一般的にトマトソースが味のベースに使われています。

プルコギピザを開発した2000年当時のピザハットでは、全世界で同じ味のトマトソースを使用することが決められていたため、トマトソース自体を変更することができませんでした。

そこで当時の開発チームが目を付けたのが「ツナマヨ」です。

 

当時人気が急上昇していた、コンビニのおにぎり「ツナマヨ」からインスパイアを受け、日本オリジナルのメニューとして日本人好みのマヨソースを味のベースにしたピザの開発をスタート。

マヨソースベースに合うメイン具材を考える中で、甘辛ダレがマヨソースとマッチする韓国の肉料理「プルコギ」を採用しました。

アメリカを源流とした宅配ピザに、日本のピザハットが独自で考え出した「ピザ」と「プルコギ」を組み合わせる異色のコラボが誕生しました。

 

その後、ピザハットが作り出したプルコギピザ「特うまプルコギ」は、当時の人気タレントを起用したTVCMの反響や、2000年代初頭の韓流ブームの人気も相まって着実にファンを増やし、20年以上売上1位を誇るピザハットの看板商品となっています。

想像以上の味わい「特うまプルコギ」×「パイナップル」​

今回、4つの味のバリエーションを楽しめる「プルコギ・フェスタ4」の開発にあたっては、定番の「特うまプルコギ」にトッピングを組み合わせることで「定番の味」×「新しい味」で、お客さんに楽しんでもらいたいと考えました。

 

「特うまプルコギ」に合わせる新しい味の選択を試行錯誤する中で、開発の最後まで賛否が分かれたのが、「特うまプルコギ」とパイナップルの組み合わせ

「プルコギにパインってどうなの?」「ピザのパイナップルは苦手」という否定的な意見がある一方、「おいしい」「さっぱりする」「肉とパイナップルの相性が良い」という支持する意見もありました。

 

オリコン・モニターリサーチの調査では、「パイナップルが乗っているピザを食べたことがある」と答えた人のうち、ピザに乗っているパインを、「とても好き」または「好き」と答えた「好き派」は約56%、「まったく好きではない」「あまり好きではない」と答えた「好きではない派」が約27%で、「好き派」が「好きではない派」の倍以上多いという結果がわかりました。

ピザハットのアンケート-ピザに乗っているパインは好きですか?

また、同調査ではパイナップルが乗っているピザ(パインピザ)を食べた経験の有無も調査。

「食べたことがない」と答えた人は約65%もいることがわかりました。

さらに10代のみに絞ると、パインピザを「食べたことない」と答えた人が約79%もいました。

ピザハットのアンケート-デザートピザ以外にパインが乗っているピザを食べたことはありますか?

これらの調査結果を分析すると、パインピザを食べたことがある人への質問では「パインピザ好き派」が圧倒的に多かった結果から、一種の「食わず嫌い」の方も多いと考え、「食わず嫌い」でも思わず食べてみたくなるパインピザや、これまでとは違う味のアプローチのパインピザを開発していくことで「パインピザ好き派」を増やす余地がまだまだあるとピザハットは考えています。

調査概要

  • 調査対象: 全国の10~50代男女 1,000サンプル(性別×年代100名ずつの均等割付)
  • 調査期間: 2021年5月24日(月)~31日(月)
  • 調査方法: インターネット
  • 調査機関: オリコン・モニターリサーチ
  • 調査企画: 日本ピザハット株式会社

 

お肉とパイナップルは、もともと相性が良いとされている食材で、例えば欧米のバーベキューにおいては、パイナップルは定番食材として広く親しまれています。

「特うまプルコギ」×「パイナップル」の組み合わせでは、ボリュームたっぷりのジューシーなプルコギのお肉に、パイナップルの酸味と甘みがマッチする味わいに仕上げており、プルコギの甘辛ダレと合わせることで食べやすく仕上がっているため、パイナップルが乗っているピザをいままで食べたことのない人やトッピングのパイナップルが苦手だった人にも、ぜひ一度食べてみていただきたい新味となっています。

 

今回新発売する「プルコギ・フェスタ4」は、「特うまプルコギ」×「パイナップル」はもちろんのこと、他3種のトッピングを含めた全ての味で試食調査の参加者全員が「想像以上においしい!」と感じた、ピザハットの自信作です。

ピザハットの『プルコギ・フェスタ4』

特うまプルコギ 醬油、コチュジャン、さらに隠し味に蜂蜜を合わせた秘伝の甘辛ダレを牛カルビに和え、オニオンとニラで食感のアクセントをつけ、特製マヨソースをかけることで全体の味をまとめた絶妙なバランスのやみつきになる逸品。

最後にのせた糸唐辛子のピリッとした辛さが食欲をそそる仕立てとなっています。

特うまプルコギ×キムチ 辛味だけでなくうま味の強いキムチを食べやすく刻みトッピングしました。

お肉とキムチによるうま味の相乗効果が楽しめる逸品!

特うまプルコギ×ハラペーニョ シャキシャキとした食感と酸味が特徴のメキシコ産ハラペーニョをプルコギに組み合わせました。

甘辛ダレに酸味と辛味が組み合わさった複雑なうま味にノックアウト!

特うまプルコギ×パイナップル パイナップルの甘味とオニオンの食感、コーンのプチプチ感がお口の中ではじけます。

プルコギの甘辛ダレにパイナップルの爽やかな甘みがベストマッチ!

プルコギ・フェスタ4
商品価格 Mサイズ 3,132円(税込)
Lサイズ 4,860円(税込)
販売期間 6月21日(月)〜8月15日(日)
開催店舗 全国のピザハット(一部店舗を除く)
ホームページ プルコギ・フェスタ4 特設サイト
この記事のURLをコピーする