厚別区の超高層タワー分譲マンション『プレミストタワー新さっぽろ』の概要が決定!

『プレミストタワー新さっぽろ』の「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト(I街区)」(イメージ図)

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。

Instagram

 

大和ハウス工業株式会社は現在「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」のI街区内において、分譲マンション『プレミストタワー新さっぽろ』を建設中ですが、その概要が決定しました!

北海道初 JR・地下鉄の両駅と直結する物件!

現在建設中の『プレミストタワー新さっぽろ』は、約39,200㎡の敷地に分譲マンションやホテル、商業施設、共用駐車場の他、医療施設4棟の開発を進めている「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」のI街区内に建設する分譲マンションです。

『プレミストタワー新さっぽろ』の外観パース

本物件は北海道初となるJR「新札幌駅」・地下鉄「新さっぽろ駅」に直結する、地上30階建て・総戸数220戸の超高層タワー分譲マンションで、経済産業省が実施する「超高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)実証事業」(※1)に当社で初めて採択されました。(※2)

※1.超高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)実証事業:地域ごとに設定された断熱性能基準をクリアし、かつ6階以上の賃貸住宅やマンションで、同一規模の一般的な共同住宅と比べてエネルギー消費量を20%以上削減する「ZEH-M Oriented」に認定。

※2.「平成31年度超高層ZEH-M(ゼッチ・マンション)実証事業」において、当社で初めて超高層ZEH-M実証事業に採択。2021年1月8日に情報発信した「プレミストタワー靱本町」は、「令和2年度超高層ZEH-M実証事業」の採択物件のため、本物件が先行して採択。

プレミストタワー新さっぽろの概要・ポイント

プレミストタワー新さっぽろ
場所 札幌市厚別区厚別中央1条6丁目493-37他
敷地面積 4,234.35㎡
建築面積 1,312.29㎡
延床面積 24,655.60㎡
構造・階数 鉄筋コンクリート造地上30階建て、地下1階建て(一部鉄骨造)
事業主・売主 大和ハウス工業株式会社
設計 株式会社ドーコン
施工 フジタ・大成建設特定建設工事共同企業体
着工 2020年7月2日
販売開始 2021年6月中旬
竣工 2023年5月中旬(予定)
入居開始 2023年7月下旬(予定)
総戸数 220戸
(別途ゲストルーム3戸、ワーキングラウンジ1戸、フィットネスルーム1戸、パーティールーム1戸、スカイラウンジ1戸、管理事務室1戸)
専有面積 50.05㎡~120.34㎡
間取り 1LDK~4LDK
販売価格 3,000万円台~1億8,000万円台 ※1,000万円単位(予定)
ホームページ プレミストタワー新さっぽろ 公式ページ
ポイント.1
「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」内での大規模複合開発
新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」は、本物件やホテル、商業施設、共用駐車場の他、医療施設4棟を建設し、隣接する「子育て支援施設」と合わせて、新さっぽろエリアに新しい都市機能を充実させることを目指します。

 

また天然ガスコージェネレーションシステムを備えた「エネルギーセンター」(※3)を「(仮称)メディカルD」1階に設置予定です。

本システムとAIを活用し、一体的なエネルギー管理を行うことで、街区全体でCO2を約35%削減し、省エネ・低炭素化に寄与します。

 

あわせて、災害による停電時においても、必要なエネルギーをI街区の各施設および本物件へ供給し安全・安心な街を提供します。

※3.天然ガスコージェネレーションシステムは、天然ガスを燃料として発生するエネルギーで発電機を駆動し電力を発生させ、同時に排熱を給湯、暖房などに利用

ポイント.2
北海道初となるJR・地下鉄の両駅に直結し、交通利便性と生活利便性を備えた立地
本物件およびホテル、商業施設、共用駐車場の他、医療施設4棟はJR「新札幌駅」・地下鉄「新さっぽろ駅」の両駅と「アクティブリンク(屋内空中歩廊)」でつなぐ(※4)ことで、季節や天気に左右されない歩行動線を確保します。

 

また駅ビル「DUO1・2」や「イオン新さっぽろ店」、「サンピアザ」、「カテプリ」など大型ショッピング施設も隣接する生活利便性の高い立地です。

あわせてI街区内に開発予定である人々の憩いの場となる公園「アクティブガーデン」や周辺にも「もみじ台緑地」など、多数の自然や公園が点在しています。

『プレミストタワー新さっぽろ』のアクティブリンク・もみじ台緑地

※4.両駅と「アクティブリンク」との間に、別の空中歩廊を設けて接続予定。「アクティブリンク」は楕円形の部分のみを示す呼称。

ポイント.3
当社初「超高層ZEH-M実証事業」に採択
「プレミストタワー新さっぽろ」は、省エネルギー性能に優れた住まいとして、「平成31年度超高層ZEH-M実証事業」に採択されるとともに、BELS(※5)による最高等級を取得した分譲マンションです。

 

二重サッシやLow-E複層ガラスなどで建物の基本性能を向上させ、パネルヒーターや熱交換形換気機器「ロスナイセントラル換気システム」(※6)などを採用することで、一般的な共同住宅(※7)に比べ、一次エネルギー消費量を約27%削減します。室内環境を快適に保ち、環境にも優しい暮らしを実現します。

※5.建築物省エネルギー性能表示制度のことで、新築・既存の建築物において、省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する制度。

※6.ロスナイセントラル換気システム:室外の空気を室内に取り込み、室内の汚れた空気を室外へ排出するシステム。また、熱交換器が外気を室温に近づけて給気し、室外への排気の際も温度を下げて排気するため、冷暖房中の室内の快適さを損なわずに換気可能。あわせて、少ない風量で効果的に換気し、「ロスナイエレメント」が防音材の役目を果たし、室外の音を軽減する。ただし、キッチンのレンジフードは除く。

※7.国土交通省が公布した「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」で定める基準建物。

ポイント.4
地上30階建て・総戸数220戸の超高層タワー分譲マンション
「プレミストタワー新さっぽろ」は、地上30階建て・総戸数220戸の超高層タワー分譲マンションです。

当マンションの間取りは、幅広いお客さんに満足してもらえるよう、専有面積50.05㎡(1LDK)~120.34㎡(4LDK)の計16プランを用意。

 

また共用施設には「パーティールーム」や「フィットネスルーム」、来訪者が宿泊できる「ゲストルーム」を設けました。

あわせてWi-Fi環境を備えリモートワークにも対応した「ワーキングラウンジ」や「スカイラウンジ」など、共用施設を充実させました。

『プレミストタワー新さっぽろ』の「パーティールーム」・「ゲストルーム」・「ワーキングラウンジ」・「スカイラウンジ」

2021年5月1日(土)よりマンションギャラリーをグランドオープンし、同年6月中旬より販売開始を予定しています。

この記事のURLをコピーする