ロクゴーガッツの「この豚野郎ラーメン」がヤバかった

ロクゴーガッツの入り口

お疲れさまです、僕です。

 

ラーメンとマクドナルドって、ふと食べたくなる時ってありませんか?

僕は定期的にあるのですが、つい先日すすきののノルベサ周辺を歩いていた時、量が多いと噂で聞いていた、ロクゴーガッツというラーメン屋さんを思い出し、無性にラーメンが食べたくなっちゃったので、今回はそのロクゴーガッツに行ってきました!

 

ノルベサにあるロクゴーガッツ

ノルベサ

 

ロクゴーガッツの看板

ロクゴーガッツはノルベサの地下1Fにあります。

 

ちょうど空いていたカウンターの席に座ってメニューをじっと眺めていると、カウンター越しに店員さんが話しかけてくれたんですよ。

 

「このラーメンは◯◯で、このラーメンは◯◯で・・・」

 

親切にいろいろと説明してくれたのですが、僕はメニューを見た時から気になっていたラーメンがありました。

ロクゴーガッツのメニュー

 

ロクゴーガッツのメニューに書いてある「この豚野郎ラーメン」

この豚野郎ラーメン

 

名前からしてすごい名前ですが、なにより魅力的なのが、チャーシューが肩ロース・豚バラ・モモ肉の3種類が入っているということ。

 

ちょっと値段が高いとも思ったのですが、チャーシューがたくさん入っているならそれも安いものだろうと思い、注文してみることに。

トッピング無料のメニュー

ちなみにトッピングは無料でできるようですが、今回はチャーシューを楽しみたかったので、トッピングはなしにしました。

 

IMG_0020

さっそく店主さんがラーメンを作ってくれます。

 

 

・・・・・・・

 

 

この豚野郎ラーメン

ドンッ!

 

チャーシューともやしで麺が見えない。さすが豚野郎という名前を掲げる程のボリュームです。

 

肉をかき分け、中に埋まっている麺を拝見。

この豚野郎ラーメンの麺

こちらも肉に負けず劣らずのボリューミーな太麺。

 

 

最高かよ

 

まさかここまでだとは思ってもいなかったですが、コシのある太麺・スープも味噌の味がちゃんと出ているし、普通に美味しい。

 

だけど、食べて進めていくにつれて肉の脂が口の中をコテコテにしていきます。

この豚野郎ラーメンのチャーシュー

太麺・肉・もやしにやられてしまい、最後の方は味わうなんて到底できなかったですが、なんとか完食することができました。

 

ラーメンは基本大盛りで注文している僕ですが、このラーメンに限っては大盛りで頼んでいたら迷わずトイレに駆け込んでいるところでした。

ロクゴーガッツに行ってみて

ラーメンを食べている最中に、カップルが店内に入ってきて店員さんと話しているのを見ると、常連さんも多いお店なのかなって思いました。

それもこれも味が美味しいのはもちろん、店員さんも気軽に話しかけてくれたり感じが良いからリピーターがつくんですよね。

 

ロクゴーガッツ基本情報

ーーーーーーーーーーーーーー
ロクゴーガッツ

住所
札幌市中央区南3条西5丁目1−1

営業時間
11:00~15:30
17:00~21:30
(食材がなくなり次第終了)

電話番号
011ー233ー0218
ーーーーーーーーーーーーーー

札幌市中央区南3条西5丁目1−1

 

 

 

ちなみにその常連さんっぽいカップルに店員さんが

 

「こんなにラーメンばっか食べてたら体に悪いよ〜」

 

と言っていたのを聞いて、「その通り」と思いました。

 

 

それでは