サッポロファクトリーにてAIカメラを活用した施設内飲食店のリアルタイム混雑状況可視化&利用者分析の実証実験を開始!

「AWL Lite」混雑状況表示イメージ

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

サッポロ不動産開発株式会社は自社が北海道札幌市で運営する複合商業施設 サッポロファクトリーにて、AIカメラソリューション『AWL Lite(アウルライト)』を活用し、商業施設内の利用者の分析と施設内飲食店のリアルタイム混雑状況の可視化による、商業施設内の店舗回遊促進技術の実証実験を3月12日(金)~4月9日(金)に実施します!

with/afterコロナの商業施設のカタチをサッポロファクトリーで提案

本実証実験ではAWL株式会社のAIカメラソリューション「AWL Lite」をサッポロファクトリーに導入します。

施設内飲食店入口にAI搭載カメラ「AWL Lite」10インチタブレットを設置。

店舗の混雑状況を取得し、サッポロファクトリー内の通路に設置したデジタルサイネージ上に表示します。

「AWL Lite」10インチタブレット店頭設置イメージ「AWL Lite」10インチタブレット店頭設置イメージ

またデジタルサイネージに設置したAI搭載カメラ「AWL Lite」STB型端末を用いてデジタルサイネージの視聴者分析を行い、視聴者に対して最適な店舗提供メニューを表示、飲食店舗への自発的な回遊行動の効果測定を行います。

これにより視聴者は自身に適した施設内の情報を、リアルタイムの混雑状況とともに把握することが可能に。

デジタルサイネージAI広告表示イメージデジタルサイネージAI広告表示イメージ

この「AI広告表示」技術を活用することで、商業施設や店舗内における人の密集の回避を実現することに加え、利用者の属性に合わせた最適な広告表示による集客効果の拡大や顧客満足度向上が期待でき、施設利用者にとってさらに安全・安心に、便利で快適に楽しめる新しいカタチの商業施設の実現を目指します。

実証実験概要
内容
  • サッポロファクトリー内にAIカメラソリューション「AWL Lite」を設置します。
    飲食店:4店舗 「AWL Lite」10インチタブレット
    サッポロファクトリー内:通路4ヵ所 デジタルサイネージに「AWL Lite」STB型端末を設置
  • 「AWL Lite」10インチタブレットより店舗内の混雑状況を取得し、デジタルサイネージ上に表示するとともに、デジタルサイネージに設置した「AWL Lite」STB型端末よりデジタルサイネージの視聴者の属性分析を行い、視聴者に対してAI判定した最適な広告コンテンツを表示します。
  • 視聴者および店舗来店者の分析を行い、サイネージの視聴状況および各店舗への来店者数数の効果測定を行います。
実施期間 3月12日(金)~4月9日(金)
実施場所 札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリー内

■飲食店舗
・風月(3条館地下1階)
・エスプーマ(3条館地下1階)
・とんよし(アトリウム1階)
・アウトドアカフェ ミールラウンジ(アトリウム1階)

■サイネージ設置箇所
・1条館スカイウォーク(ユナイテッドシネマ出入口付近)
・1条館2階 共用通路柱
・アトリウム2階 シースルーエレベータ横
・アトリウム地下1階 中央階段横

AIカメラソリューション「AWL Lite」で取得した画像データから加工・抽出した属性データやカウントデータ、統計データは、事業創出等のデータ活用方法の検討の目的でのみ使用し、法令に基づく場合を除き、第三者への提供は致しません。

また、AIカメラソリューション「AWL Lite」で取得した画像データは、属性データやカウントデータ、統計データに加工後、速やかかつ確実に消去します。

なお、加工・抽出後のデータには、個人の特定に繋がる情報は含まれません。

この記事のURLをコピーする