飲食店で親しまれている「赤星」を缶で楽しめる『サッポロラガービール 缶』が5月25日(火)に発売!

『サッポロラガービール』

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)は、業務用市場を中心に大びん・中びんのみで販売している『サッポロラガービール』の缶商品を5月25日(火)に全国で数量限定発売します!

飲食店で親しまれている「赤星」が今年も缶商品で

「サッポロラガービール」は1877年(明治10年)にサッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所から発売されて以来、いまに受け継がれる、日本で最も歴史のあるビールブランドです。

生ビールでは感じることのできない熱処理ビールならではの味わいが高く評価されるとともに、歴史と新しさが同居した格好良さが、ビール好きのお客さんに支持されています。

 

缶のデザインは昨年好評だったデザインを踏襲し、現在のびんラベルを忠実に表現。

裏面には飲食店で親しまれているびんの「サッポロラガービール」の姿をデザインし、一体感を高めています。

 

ラベル中央の赤い星は開拓使のシンボルであった北極星を表し、ファンの方から「赤星」の愛称で長年親しまれています。

近年、幅広いお客さんが「大衆酒場」に関心を寄せており、そのような飲食店などでこの歴史ある「赤星」を発見する楽しさを、多くのお客さんが体感しています。

『サッポロラガービール』

サッポロラガービール
参考小売価格 オープン価格
発売日 5月25日(火)
発売地域 全国
パッケージ 350ml缶・500ml缶
アルコール分 5%
この記事のURLをコピーする