鉄道開業150年を記念したヱビスビール「鉄道開業150年記念」缶がJR北海道の駅売店および駅施設で10月4日(火)より発売!

ヱビスビール「鉄道開業150年記念」缶

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

サッポロホールディングスの(株)グループ企業であるサッポロビール(株)は、鉄道開業150年を記念してヱビスビール「鉄道開業150年記念」缶を、JR東日本、JR東海、JR北海道の駅売店および駅施設で10月4日(火)から数量限定発売します!

街の名に、そして駅の名になったヱビスが、鉄道開業150年をお祝い

1872(明治5)年10月14日、新橋・横浜(現桜木町)の両停車場で開業式が行われ、翌10月15日からは旅客列車の運転が開始。

そののち1890年(明治23年)にヱビスビールは恵比寿ガーデンプレイス、当時は目黒村・三田にて製造を始めました。

ビール工場のすぐ脇を走っていた、現在の山手線となる日本鉄道品川線(品川―赤羽)に「恵比寿停車場」というビール輸送のための新駅がつくられ、1906(明治39年)10月30日に、恵比寿駅が旅客輸送を開始。

のちに「恵比寿」という地名が誕生し、ヱビスは街の名になり、駅の名になりました。

 

パッケージは裏面に「鉄道開業150年」の文言とロゴとともに、中央に150形蒸気機関車(1号機関車)のイラストをあしらったデザインとしています。

 

また二次元コードをインターネットに接続できるデバイス(※フィーチャーフォンは対象外)で読み取ると「Virtual AKIBA World『鉄道開業150年』スペシャルコンテンツ」を見ることができます。

「1号機関車」の客車部分を再現・展示、内部を3Dギャラリー化し、当時の錦絵や関連映像、年表などをVRで視聴可能なコンテンツを設置。

ヱビスビールの当時のポスタービジュアルなども見ることができます。

ヱビスビール「鉄道開業150年記念」缶

ヱビスビール「鉄道開業150年記念」缶
価格 オープン価格
発売日 2022年10月4日(火)
販売店舗 JR東日本、JR東海、JR北海道の駅売店および駅施設
※一部取り扱いのない店舗があります
パッケージ 350ml缶
デザイン 「鉄道開業150年」の文言とロゴともに、中央に150形蒸気機関車(1号機関車)のイラストをあしらいました。
この記事のURLをコピーする