狸小路5丁目の「サツゲキ」にて“60分/500円”の『サツゲキ2周年記念 特別プログラム』が上映決定!

サツゲキ 2周年記念-特別プログラム

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

第17回札幌国際短編映画祭はオフィシャル・ベニュー・パートナーの「サツゲキ」の2周年を機に、応援特別プログラムを企画しました!

同映画祭で過去にグランプリを獲った受賞作品ほか、観客賞などを受賞した人気作品を60分に編成(各3作品上映)。

 

今回はPart1「落ちるな、死ね、演じきれ!『フバッヘ』」とPart2「魅惑の深海エンタメ『ホリ板』」の各プログラムをワンコイン(500円)で鑑賞できるチケットを販売します!

札幌国際短編映画祭の受賞作品など

札幌国際短編映画祭はショートフィルムの劇場での新しい鑑賞方法を提案。

 

「サツゲキ」もこのスタイルでの上映を行うのは映画館では初めての試みで、60分で3作品を見ることができる新しい鑑賞スタイルになり、映画館の新しい魅力作りになることを期待しています。

サツゲキ2周年記念 特別プログラム【ベスト・オブ・SSF アワード受賞作品集】 PART1 & PART2
会場 札幌市中央区南2条西5丁目 狸小路5丁目内サツゲキ(オフィシャル・ベニュー・パートナー)
会期 2022年7月23日(土)
Part1 13:00〜14:10 / Part2 14:30〜15:40
料金 劇場上映/各プログラム:ワンコイン 500円
購入はサツゲキHPにて
主催 NoMaps実行委員会
運営 映画祭運営部門
協力 株式会社スガイディノス

上映プログラム名

Part1 13:00〜14:05 「落ちるな、死ね、演じきれ!『フバッヘ』」

サツゲキ2周年記念 特別プログラム-Part1:「落ちるな、死ね、演じきれ!『フバッヘ』」

①『フリー・フォール』サスペンス(SSF2022 グランプリ作品)
ロンドン銀行の若きトレーダーは、2001年9月11日、最初の航空機が直撃した時、彼はテロだと確信し人生最大の賭けに出る。

②『バックグラウンド』 ハートウオーミング(2019 観客賞)
人は、イメージの細部は見ていない。でも映画のバックグラウンドには、いつもステキなストーリーが隠れている。

③『ヘレン。君は死んでいる。』ラブミステリー(2021 最優秀監督賞)
マキシムは先日亡くなった恋人エレーヌの亡霊に悩まされている。愛する人を忘れられないゴーストの切ないラブストーリー。

Part2 14:30〜15:40 「魅惑の深海エンタメ『ホリ板』」

サツゲキ2周年記念 特別プログラム-Part2:「魅惑の深海エンタメ『ホリ板』」

①『ホッキョクグマのおやこ』アニメーション(SSF2021 最優秀ノンダイアログ賞)
地球が温められ北極の氷がとけ始めると、ホッキョクグマのおやこは知らない土地まで流されてしまいます。

②『リアリティー+』SFラブコメ(SSF2015 観客賞)
Reality+は、あなたをより良い人生へと導きます。好きな顔や声を選んで、理想の自分を手に入れましょう。

③『板門店のエアコン』ポリティカルコメディー(SSF2020 グランプリ作品)
エアコンの修理で板門店に呼ばれた韓国人業者。室外機が北朝鮮側にありショックを受けるが・・・。

第17回 札幌国際短編映画祭 オフィシャル・ベニュー・パートナー

サツゲキとのパートナーシップに至る経緯

この2年間、札幌国際短編映画祭はコロナ禍の影響でリアルな会場として劇場を使用できませんでした。

そして映画館は入場制限や巣篭もり等の行動変容で売り上げの減少が続きました。

今回、オフィシャル・ベニュー・パートナーとなっていただく「サツゲキ」(株式会社スガイディノス)さんは、以前より映画祭の上映会場として希望しておりました。

 

そのような矢先、周知の通り5月30日に株式会社スガイディノスは札幌地裁に民事再生法の適用を申請しました。

「札幌の映画の多様性の灯りがまた一つ消えてしまう」「映画祭として何か私たちにもできることはないか?」との強い思いから、改めて映画祭として協力関係を提案させていただきました。

この度、札幌国際短編映画祭のいち会場という位置付けではなく「オフィシャル・ベニュー・パートナー」に込めた思いとしては、新しい映画館の価値、映画をスクリーンで鑑賞することや「サツゲキ」としての他の映画館との差別化(ブランディング)も考慮し、通年の映画祭上映イベントなどを定期的に行い、映画製作者や関係者のコミュニティーの交流と地元で映画制作を目指すクリエイターや映画を愛するファンをさらに増やしていく為に、力を合わせていく協力関係(パートナー)という思いがあります。

 

映画館離れの主な原因としては、自宅での映画鑑賞(NetflixやAmazon Prime Videoなどのサブスクリプション動画配信サービス)や手軽なスマホによる動画SNS(Instagram、YouTube、TikTokなど)に時間を奪われています。

しかしSNSの動画にも課題があり、お手軽で短い動画の需要が増えれば増えるほど、クオリティーを求める傾向も強まっている現状です。

そんな中、動画SNSから映画の方法論へのアプローチも近年見られるようになっています。(例:昨年から始まったTikTokと東宝が協力する『TikTok TOHO Film Festival』。また、徳島ニューノーマル映画祭2022では、映画祭のなかでTikTokムービーの上映も行なわれました。)

 

若者の映画館離れの一方で、映像を作りたい若者も増えています。

その映像はスマホなどで撮影しネットに即配信する簡易なものから、クオリティーを求め映画的な手法の獲得へと移行して来ています。

そしてその先に位置するものがショートフィルムなのではないかと感じています。

私たちは時代の変化に伴う劇場の興行収入の減少に抗い、ショートフィルムという切り口で若い層に向け、新しい映画館映画の可能性と映画館の魅力を伝えていけるのではないかと思います。

今後、札幌市内に様々な形で新しい映画鑑賞の提案をしていく予定です。ぜひご期待ください。

第17回 札幌国際短編映画祭 開催概要

第17回 札幌国際短編映画祭

札幌国際短編映画祭
主催 NoMaps実行委員会
運営 映画祭運営部門
劇場上映 会期 2022年10月7日(金)〜10日(月/祝)
会場 札幌市中央区南2条西5丁目 狸小路5丁目内 サツゲキ
オンライン 会期 2022年10月21日(金)〜11月6日(日)
会場 札幌国際短編映画祭公式ページ内(予定)
料金 劇場上映/オンライン上映ともに未定

■札幌国際短編映画祭とは
札幌国際短編映画祭は2006年にから毎年、秋に開催。
全世界から最新の短編映画が集まる国内最大級の国際映画祭です。
2020年、その功績が認められ、カナダ映画テレビアカデミーの公認映画祭に選ばれています。
毎年、映画・映像関係の有識者を国際審査員に迎え、グランプリ他、約20の賞を授与しています。
第17回札幌国際短編映画祭の国際審査員には、映画監督の石川慶監督が就任する事が決定。
ほか2名の審査員と共にインターナショナル・コンペティション入選作品からグランプリを選出し、会期中に授与式を予定しています。

札幌国際短編映画祭とは

この記事のURLをコピーする