長期樽貯蔵の本格麦焼酎「神の河」からRTD飲料『神の河ハイボール』がコンビニ限定で発売!

神の河ハイボール

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

薩摩酒造株式会社は長期樽貯蔵の本格麦焼酎『神の河 (かんのこ) 』を炭酸で割ったRTD飲料『神の河ハイボール』を4月6日(火)よりメーカー出荷し、全国のコンビニエンスストア限定で新発売します!

新カテゴリー「本格焼酎ハイボール」登場!

長期貯蔵麦焼酎『神の河』は今年で発売33周年を迎えます。

ホワイトオーク樽で長期間貯蔵し、熟成させた芳醇な樽の香りと淡い琥珀色が特徴のワンランク上の本格焼酎です。

薩摩酒造は国内の焼酎蔵元では唯一、自社内に「樽職人」「樽工房」「樽貯蔵庫」を持ち、『神の河』の発売以来、樽での貯蔵とその管理にこだわってきました。

 

世代を問わず、開栓して直ぐに飲める低アルコールのRTD飲料や炭酸割りのアルコールが好調なことを受け、本格焼酎を炭酸で割ったハイボールの発売が続いており、「本格焼酎ハイボール」という新しいカテゴリーが形成されつつあります。

 

そこでこの春、薩摩酒造では代表銘柄の1つである長期貯蔵麦焼酎『神の河』を炭酸で割った350ml缶のRTD飲料『神の河ハイボール』をコンビニ限定で新発売します。

発売以来、好評を得ている『神の河』720ml瓶のデザインを受け継いだパッケージでの登場です。

 

熟成を重ねた深みのあるまろやかな味わいの『神の河』に炭酸で爽快感を加えたRTD飲料にすることで、日常のちょっとしたご褒美に、『神の河ハイボール』での「プチ贅沢」な時間を提案。

またこれからのシーズンではキャンプやグランピングなどのアウトドアシーンでも楽しめます。

神の河ハイボール

神の河ハイボール
参考小売価格 198円(税込)
発売地域 全国
販売方法 コンビニエンスストア
アルコール分 7%
この記事のURLをコピーする