【札幌ひざ関節症クリニック】ひざ専門クリニックが北1西3に開院!再生医療とクリニック独自の親身な診療っ


札幌ひざ関節症クリニック

この記事のURLをコピーする

札幌ひざ関節症クリニックの場所やアクセス、営業時間など

札幌ひざ関節症クリニック
場所 札幌市中央区北1条西3丁目3-11 桂和北1条ビル6階
アクセス 大通駅から徒歩3分
営業時間 9:00〜18:00
※完全予約制
定休日 なし
電話番号 0120-013-712
駐車場
ホームページ 札幌ひざ関節症クリニック 公式サイト
ツイッター
インスタグラム
フェイスブック
オープン日 2020年9月14日(月)

変形性膝関節症に再生医療という選択肢!

北1西3に札幌ひざ関節症クリニックが、2020年9月14日(月)オープン!

 

ひざ関節症クリニックグループは2015年、東京に開院以降、ニーズの高まりに合わせて診療院を拡大してきました。

その最たるターゲットは、変形性膝関節症です。

 

変形性膝関節症はひざの痛みという自覚症状が認められるケースのみでおよそ1,000万人、レントゲン所見上の異常が認められる有病者数を含めると、その数は2,500〜3,000万人と推定されるほど、ひざの代表的な疾患です。

初期であればヒアルロン酸注射や鎮痛薬の内服薬などで痛みの緩和が図れますが、進行してしまうと痛みをコントロールしきれず、人工関節置換術や骨切り術などの手術が必要となります。

 

ただ、術後の生活や手術のリスクからそれを望まない患者さんも多く、そういった場合や手術が受けられない方に対し、ひざ関節症クリニックグループでは『再生医療』という新しい治療の選択肢を提案。

豊富な治療実績!

ひざ関節症クリニックグループのPRP-FD注射の治療実積が、5,500例以上となりました。

ひざ関節症クリニックグループのPRP-FD注射の治療実積

PRP-FD注射とは手術や入院の必要はなく、注射だけでひざの痛みの改善を図る、変形性膝関節症に対する先進的な治療法です。

 

ひざ関節症クリニックグループでは2015年11月に導入後、2020年8月末の時点で治療実積が5,500例以上となり、このPRP-FD注射は札幌ひざ関節症クリニックでも取り扱っている治療法です。

ひざ関節症クリニックの特徴

  • ひざの痛みに特化した診療
    膝関節が痛いとすべての行動に支障が出てしまうことから、ひざ関節症クリニックでは膝を全身の健康の基盤と考え、その治療に特化して診療を行っています。

    中でも国内3,000人以上が患っているとも言われる変形性膝関節症の治療に注力し、より多くの患者さんが人生100年時代を自分らしく謳歌できるよう、診療を通して応援しています。

  • 入院不要の再生医療を提供
    ヒアルロン酸注射が効かないけれど「できれば手術は回避したい」、また「手術に適した年齢ではない。」。

    そういった方たちに痛みをあきらめる選択ではなく、手術以外で痛みを改善する選択肢を提案するため、ひざ関節症クリニックでは再生医療をはじめとする新しい治療の選択肢を積極的に導入しています。

     

    PRP-FD注射以外にも患者さんの幹細胞を投与する「幹細胞治療」も2015年3月より行っており、2020年6月現在で2,700症例以上の実積があります。 

  • 待ち時間なし、じっくり相談可能
    整形外科は患者数も多く、外来では長い待ち時間や5分診療なども珍しくはありません。

     

    ただひざ関節症クリニックでは、患者さんの人生において裏方であるべき医療が、貴重な時間を無駄にしてはいけないという信念があります。

     

    完全予約制で患者さん一人ひとりの時間をしっかり確保し、待ち時間なくゆっくりと相談できる環境を整えていますよっ。

 

膝の痛みにお悩みで、再生医療などの新しい治療の選択肢に興味がある方は、ぜひ一度この札幌ひざ関節症クリニックへ相談・質問をしてみてください!

この記事のURLをコピーする

卓上サーバー設置の大通居酒屋

大通に30分 500円の飲み放題ができる、サク飲みにもちょうどいい居酒屋があるんですっ!

ギャルソンの卓上サーバー

大衆アラカルト『ギャルソン』には卓上サーバーが設置されていて、ハイボールやサワーが自分の好きなタイミングでおかわりできます。
また飲み放題も手軽で嬉しい他、一品料理もめちゃくちゃ美味しいので、二次会などにもおすすめですよっ!