エゾ鹿角プロダクトブランド『創鹿(SOOKA)』が北海道で誕生!蝦夷(えぞ)鹿の角を手作業で加工したカラビナ入り特製ボックス「Siknu(シクヌ)Box」もリリース

創りところシクヌ(創鹿)の『Siknu(シクヌ)Box』

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

2022年11月15日(火)、北海道オホーツク地方で活動する『創りところシクヌ(創鹿)』は、ブランドの立ち上げと同時に蝦夷(えぞ)鹿の角を手作業で加工したカラビナ「TURA(トゥラ)」が入った特製ボックス「Siknu(シクヌ)Box」のリリースを発表しました!

アイテムはすべて、創鹿公式ホームページで購入可能です。

創鹿 公式サイト

全国各地で野性動物の「害獣化」が取り沙汰されて久しいですが、北海道の一部地域では蝦夷鹿が人間の居住エリアで農業被害や交通事故を起こし、問題が深刻になっています。

行政は忌避剤散布や侵入防止柵の設置、捕獲といった対策に乗り出し、蝦夷鹿はもはやヒール的存在として認知されているのが現状です。

 

Siknu(シクヌ)Boxを手がける創鹿は、雪原で伸びやかに駆ける蝦夷鹿の美しくも堂々とした角を一つ一つ手作業で作品化する作家。

長く調理人として働き、俗世間の煩わしさに疲れ果て、雪がすべてを覆い隠す北の大地に上陸。

硬く堅牢な鹿角の加工は難易度が高いですが、鹿角加工との出会いはきわめて自然な成り行きだったと創鹿は考えています。

 

蝦夷鹿はアイヌの世界では「神が遣わした神聖な食糧」という位置づけの動物。

創鹿は人間の都合で頭数調整されたり厄介者扱いされたりするすべての野性動物、すべての自然存在に対し、敬意と愛情を込め、鹿角作品を創作。

その思いに共感する方々に、Siknu(シクヌ)Boxをお届けします。

創りところシクヌ(創鹿)の『Siknu(シクヌ)Box』-カラビナ

創りところシクヌ(創鹿)の『Siknu(シクヌ)Box』

Siknu(シクヌ)Box
価格 55,000円
作品サイズ 重量 50g | 縦 100 mm × 横 60 mm
BOXサイズ 縦130 mm × 横140 mm × 高さ50mm
特徴 一点一点手作りで、それぞれに風合いや柄、大きさが異なります
ホームページ 創鹿 公式サイト

■創鹿からのメッセージ
やつらの声をどこまで聞けるか…
自分の感じたまま、聞こえまま創るだけ
1人として同じ顔の人がいないように、1つとして同じ作品は創れない
唯一無二の自然の存在、野生の生命力に触れて欲しい
命が軽んじられている昨今の風潮に疑問を感じるあなたの胸を打つ、ほかのどこにもないお守りのようなカラビナ「Siknu(シクヌ)Box」に、ぜひご注目ください。

 

創鹿 公式サイト

この記事のURLをコピーする