狸小路商店街にて飲食店ガイドアプリの実証実験を実施!

狸小路商店街にて飲食店ガイドアプリの実証実験を実施

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

凸版印刷株式会社・株式会社JTB・株式会社JTB総合研究所の3社は、国土交通省が推進する『Project “PLATEAU(プラトー)”』において、3D都市モデルを活用した民間サービス開発に参画し、現地での観光体験価値の向上、遠隔での観光体験価値の提供に取り組みます。

このたびその一環として、3D都市モデルとVPS(Visual Positioning System)を一体化し、高精度な拡張現実によるAR飲食店ガイドと、モバイルオーダーシステムを組み合わせたスマートフォン向けサービス(AR飲食店ガイド)を開発。

2021年3月10日(水)~19日(金)の期間、狸小路商店街にて実証実験を実施します!

3D都市モデルを活用した高精度な拡張現実による飲食店ガイドアプリ

新型コロナウイルス感染症の拡大により、国内外の旅行者が急激に減少し、地域の観光地では誘客が難しくなっているのが現状です。

また飲食店選びの基準も「安全・安心」が重要視され、店舗の感染症対策情報や店員と接触することなくオーダーできる「非対面・非接触」サービスへの移行が求められる他、新型コロナウイルスがもたらす「ニューノーマル」に対応したまちづくりに向けて、都市における生活の質向上と地域経済の活性化も求められています。

 

このような背景から3社は、3D都市モデルとVPSを一体化し、高精度な拡張現実によるAR飲食店ガイドとモバイルオーダーシステムを組み合わせたスマートフォン向けサービスを開発しました。

新型コロナウイルス感染症対策に取り組む安全・安心なお店探しからメニューの注文まで自身のスマホで行える「非対面・非接触」サービスを提供することで、アフターコロナを見据えて「ニューノーマル」に対応した新たな観光・飲食体験や地域経済活性化につながる効果検証を目的に、札幌市狸小路商店街で実証実験を実施します。

 

アプリを起動しカメラをアーケードに向けると、お店のアイコンが表示され、タップすることでそのお店の詳細を知ることができます。

狸小路商店街にて飲食店ガイドアプリの実証実験を実施

本実証の概要
実証場所 札幌市狸小路商店街(狸小路1丁目~7丁目)
利用できるデバイス iPhone (iOS端末) ※今回の実証ではiOS端末のみ利用可能です
AR飲食店ガイドアプリから得られる情報 ・狸小路商店街(狸小路1~7丁目)の飲食店90店舗の情報
・感染症対策情報(新北海道スタイル)
・モバイルオーダーシステム導入20店舗のメニュー情報
検証内容
  1. コロナ禍における飲食店選びのデジタル化を促進し、新たな体験価値を提供できるか
  2. 3D都市モデルを活用したARガイドは、「ニューノーマル」に対応した新たな観光需要を喚起するか
  3. 「旅行者の利用」と「飲食事業者の導入」の促進に向けた課題を抽出
各社の役割
  • 株式会社JTB:
    全体統括、参画店舗の開拓、募集告知、事業全体の検証
    モバイルオーダーシステムNice to MEAL you!の提供
  • 株式会社JTB総合研究所:実証調査の運用および効果検証
  • 凸版印刷株式会社:実証調査の運用及び技術検証、サーバ運用
  • Retty株式会社:飲食店の情報提供
  • 株式会社Super Duper:モバイルオーダーシステム開発
AR飲食店ガイドURL https://ar-gourmet-guide.jp

このアプリによりさらに狸小路を深く知ることができそうですねっ。

狸小路商店街における実証実験について

この記事のURLをコピーする