北都交通の空港連絡バスでにて道内初となる公共交通機関での『Visaのタッチ決済』が導入!

Visaのタッチ決済-読み取り端末

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

北都交通株式会社、三井住友カード株式会社、QUADRAC株式会社、株式会社小田原機器、北海道アトラス株式会社、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社は、2021年春より北都交通の運行する空港連絡バスにおいて、Visaのタッチ決済を導入することとなりました!

本取組は道内初の事例となります。

Visaのタッチ決済、北都交通の空港連絡バスで利用可能に

北都交通は札幌市内から新千歳空港および丘珠空港への「空港連絡バス」や道内各都市を結ぶ「高速バス」運行などを行っており、道内を巡る観光やビジネスといった多岐に渡るニーズに対応した交通インフラを担っています。

北都交通バス北都交通バス

現況のコロナ禍に伴い新しい生活様式が求められる中、キャッシュレス、とりわけ「非接触のタッチ決済」に対する消費者の意識の高まりもあり、今後ますます拡大するキャッシュレス市場において、より便利で安心な決済サービスが求められているのが現状です。

 

そこで北都交通はこれまでメインとなっていた現金払いでの乗車券購入において、リーディングペイメントブランドで国際標準のセキュリティ認証技術を活用したVisaのタッチ決済を導入することに!

このVisaのタッチ決済は日本国内の利用者だけでなく、訪日外国人にとっても乗降車時の運賃支払いをスムーズにし、道内の快適な移動を可能にすると同時に、ショッピングから移動までシームレスに日常生活をサポートします。

Visaのタッチ決済-読み取り端末読み取り端末

概要
サービス開始時期 2021年春より
利用サービス バスの乗降車時に、車内に設置された読み取り端末にVisaのタッチ決済対応のカードやスマートフォンなどをかざすことにより、運賃精算が可能となります。

Visaのタッチ決済について

Visaのタッチ決済

Visaのタッチ決済は日本を含む世界約200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法です。

利用者が対応のリーダーにタッチ決済対応のカード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォンをかざすだけで、サインも暗証番号の入力も不要(※)で、スピーディーかつ安心・安全にお支払いが完了。
※一定金額を超えるお支払いは、カードを挿し暗証番号を入力するか、サインが必要となります。

すでに全世界では、Visaの対面取引の43%がタッチ決済で行われています(VisaNet)。2020年9月末時点

 

現在ロンドンやシンガポール、ニューヨークなどの公共交通機関でVisaのタッチ決済が利用可能で、さらに世界約500の公共交通機関における導入プロジェクトが進行中です。

またロンドンやシンガポールでは100を超える国や地域の非接触カードが使われた実績があり、インバウンド観光客にとってストレスがない移動を提供しています。

 

日本ではVisaのタッチ決済対応カードの発行は、2020年9月末時点で3,230万枚(※Visaの取引先金融機関・発行会社からの報告による実績です。)を超え、利用できる店舗もスーパーやコンビニエンスストア、ファストフードレストランなどをはじめ急速に拡大しており、利用者の利便性ならびに加盟店でのオペレーションの向上に貢献しています。

この記事のURLをコピーする