ヤッホーブルーイングの看板製品『よなよなエール』が10月5日(火)よりファミリーマートで発売!『インドの青鬼』も10月12日(火)より発売

『よなよなエール』

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

ヤッホーブルーイングの看板製品『よなよなエール』が、沖縄県を除く全国のファミリーマート酒類取扱店舗で10月5日(火)より期間限定で販売します!

また『インドの青鬼』も同地域で10月12日(火)より数量限定で発売。

柑橘類を思わせる香りが特徴 世界的なビール品評会で8年連続金賞受賞

「よなよなエール」は【家庭でも飲める手軽な本格エールビール】というコンセプトのもと、1997年に誕生しました。

アロマホップ「カスケード」と酵母のエステル香が織りなす、柑橘類を思わせる華やかな香りが特徴です。

 

香りを最大限に引き出すために、仕込みの工程に加え発酵の工程にもホップをふんだんに使用しています。

世界的なビール品評会「International Beer Competition」で8年連続金賞を受賞。

華やかな香りを引き出しつつ、ほんのり感じられるモルトの甘味とホップの苦み、アルコール感を絶妙なバランスで仕上げている点が高く評価されています。

よなよなエール
希望小売価格 272円(消費税込)
アルコール分 5.5%
原材料 麦芽・ホップ
ビアスタイル アメリカンペールエール

大量のホップが生みだす驚愕の苦味と華やかな香り 7年間で製造量は6倍『インドの青鬼』

『インドの青鬼』

「インドの青鬼」のコンセプトは「驚愕の苦味」。

一般的に広く受け入れられる味わいではなく、熱狂的ビールファンにこそ刺さる“とがった味”を目指しつくられました。

グレープフルーツのようなホップの香りの陰に、思わず「二ガッ!」と叫んでしまうほどホップの強烈な苦味が隠れています。

 

ホップの力強く華やかな香りを最大限引き出すために、品種・配合・添加方法にこだわって製造。

この苦さと深いコクが飲むものを虜にしてやまない、熱狂的ビールファンにこそおすすめしたい個性派ビールです。

2013年から2020年までの7年間で製造量は6倍と成長しており、年々製造量を伸ばしています。

インドの青鬼
希望小売価格 293円(消費税込)
アルコール分 7.0%
原材料 麦芽・ホップ
ビアスタイル インディアペールエール
この記事のURLをコピーする