平和不動産株式会社は『(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業』の都市計画手続きを札幌市へ要望!

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

平和不動産株式会社は中期経営計画「Challenge & Progress」において再開発事業の量的・質的拡大として札幌再開発事業化の推進に取り組んでいますが、この度、平和不動産株式会社が理事長を務める大通西四丁目南地区市街地再開発準備組合において『(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業』の都市計画手続きを札幌市へ要望することとなりました!

※現在計画中のイメージであり、今後の詳細検討により変更となる可能性があります

(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業
場所 札幌市中央区大通西4丁目
事業主体 大通西四丁目南地区市街地再開発準備組合
主要用途 事務所・ホテル・商業
敷地面積 5,029.89㎡
延床面積 約99,400㎡
容積率 約1,650%
階数 地上34階、地下3階、塔屋1階
建物高さ/最高高さ 約175m(GLより)/約 185m(GLより)
構造種別 鉄骨造一部地下鉄骨鉄筋コンクリート造

※今後の行政協議、都市計画手続きなどにより変更となる可能性があります

スケジュール

  • 2022年度
    都市計画決定
  • 2023年度
    事業認可(市街地再開発組合設立)・権利変換計画認可
  • 2028年
    竣工・供用開始

※スケジュールは予定であり変更となる可能性があります

大通の価値向上(再生)をけん引し、はぐくみの軸の強化を先導する取組の実施
  • サッポロ広場の飛躍的な魅力向上
    ① 地上・地下・低層テラスにおける新たな滞留空間・視点場の整備
    ② 大通交流拠点地下広場の拡充
    ③ 大通公園の魅力と機能の向上への貢献
  • 骨格軸の交点・都心商業地としての機能向上
    ① 地上・地下における歩行環境の改善・魅力形成
    ② 札幌都心のビジネス競争力を強化する高機能オフィスの整備
    ③ 国際水準の宿泊機能を備えたハイグレードホテルの整備
世界に発信する環境配慮・防災対策
  • 多様な人々への環境啓発を促す施設の整備
    ① エネルギー利用の新たなモデル街区形成
    ② 環境負荷低減への取組及び、環境対策の効果的な発信・啓発機能の整備
  • 新たな防災拠点の形成
    ① 帰宅困難者受け入れ施設・備蓄倉庫などの整備

 

平和不動産株式会社

この記事のURLをコピーする