コーヒーチェーンを展開する可否茶館が創業50周年記念とし『コーヒーの苗木50th mirai モニター募集キャンペーン』を開始!

可否茶館の『コーヒーの苗木50th mirai モニター募集キャンペーン』

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。

Instagram

 

札幌を中心に北海道でコーヒーチェーンを展開する可否茶館は、創業50周年を迎え、キャンペーンの第1弾として『コーヒーの苗木50th mirai モニター募集キャンペーン』を実施します!

可否茶館50周年~育てよう 北海道珈琲のmirai~

2021年6月21日(月)より50周年特設サイトにて、「コーヒーの苗木 50th mirai」を育てていただけるモニターを募集します。

北海道でにょきにょきと芽を出したコーヒーの苗木「mirai」を、愛情をこめて育ててみませんか?

日に日に大きくなっていくかわいい苗木の様子を、写真とともにTwitterで投稿しましょう。

キャンペーン概要
応募期間 6月21日(月)~7月20日(火)
モニター当選内容 「コーヒーの苗木 50th mirai」 を、抽選で50名にプレゼント
応募方法 50周年特設サイト内、キャンペーンページから専用サイトにアクセスし、応募フォームにて回答送信
キャンペーンページ
応募条件 ・Twitterアカウントをお持ちの方
・当選した場合、最低2週間に一回以上苗木栽培のツイートができる方
・小学生からご応募可能です
※注意事項などは、キャンペーンページにてご確認ください

※10月1日「コーヒーの日」には、店頭でのコーヒーの苗木配布キャンペーンや、50周年記念商品の販売なども実施予定です。

可否茶館(かひさかん) 1971年に「札幌を代表する珈琲・喫茶店を造りたい」という思いを叶えるべく、北海道札幌市に「大通店」を開業。

やがて札幌を中心とした深煎り珈琲文化を牽引して、コクと深みが魅力の「可否茶館テイスト」を創りあげていきました。

2003年には北海道小樽市の小樽堺町通り商店街に焙煎工場を新設し、北海道の代表となるロースターとして、美味しさの追及を続けています。

この記事のURLをコピーする