鎌倉発祥のアロマ生チョコブランド『MAISON CACAO』が3月3日(水)より大丸札幌に期間限定で出店!北海道限定商品も登場っ

MAISON CACAOの『アロマ生チョコレート』

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

メゾンカカオ株式会社は3月3日(水)〜14日(日)のホワイトデーの期間限定でアロマ生チョコレートブランド『MAISON CACAO』を大丸札幌に期間限定で出店します!

今回が北海道初出店となります。

MAISON CACAO in 大丸札幌の出店期間など

MAISON CACAO in 大丸札幌
場所 札幌市中央区北5条西4丁目7 大丸札幌店地下1階
アクセス 札幌駅直結
出店期間 3月3日(水)〜14日(日)
ホームページ MAISON CACAO 公式サイト

人気アロマ生チョコレートブランドが大丸札幌に出店!

MAISON CACAOは2015年に鎌倉の小町通りに誕生したアロマ生チョコレートブランドです。

 

今回の大丸札幌ではバレンタイン時には全国の百貨店・常設店で完売続きだった新作の「アロマ生チョコレート EMOTIONAL」に加え、大丸札幌店限定の「生ガトーショコラ」や普段北海道では販売していない治一郎とコラボレーションをした3種のバウムクーヘンを販売します。

販売商品

MAISON CACAOの『アロマ生チョコレート』

アロマ生チョコレート MAISON
2,400円(税抜)
MAISON・LOVE・RESPECT・DEAR・BIRTH・HERO・PASSION・EROS

8つの感情をそれぞれのフレーバー、アートパッケージ、詩(物語)、音楽で表現しました。

尊敬する人にありったけの愛を込めて
いつも側にいてくれる友人に感謝を
頑張る人へ心からの応援を

など届けたい想いをチョコレートと共に選んでいただきたいと誕生した2021コレクションです。

MAISON CACAOの『生ガトーショコラ』

生ガトーショコラ
2,500円(税抜)
MAISON CACAOの看板製品「生ガトーショコラ」から限定フレーバーが登場します!

北海道の素材にこだわり、北海道産の濃厚で滑らか香りの良いバターをふんだんに使用。

 

合わせるのはバターに負けないカカオ感の強いスッキリした後味のビターチョコレート。

小麦粉不使用で焼き上げることで濃厚滑らかなチョコレートケーキに仕上げ、絶妙な火加減で外はさっくり中はとろりとレアに。

 

パッケージも北海道をイメージした白雪とエゾリスがあしらわれたオリジナルデザインです。

MAISON CACAOの『治一郎とMAISON CACAOのバウムクーヘン ホワイトチョコレート』

治一郎とMAISON CACAOのバウムクーヘン ホワイトチョコレート
1,800円(税抜)
“チョコレートが主役のケーキのようなしっとりバウムクーヘン”を目指し、専門店「治一郎」と共同開発したホワイトチョコレートのホワイトバウム。

他にもビターチョコレート(税抜 1,800円)、ミルクチョコレート(税抜 2,100円)の3種。

普段は北海道では販売していないスイーツです。

MAISON CACAOの『リッチ生チョコタルト PISTACHIO』

リッチ生チョコタルト PISTACHIO 3個入り
2,000円(税抜)
サクサクのタルト生地にピスタチオの濃厚な生チョコクリーム、トッピングにはピスタチオチョコレートとローストピスタチオまで、贅沢づくしの生チョコタルト。

他にミルク、ビター、ホワイトの3種のタルトセットも。

MAISON CACAOの『生チョコクッキー』

生チョコクッキー 12袋入り
2,000円(税抜)
クッキー?チョコレート?と迷うほど濃厚でほどける口溶けのクッキー。

限界まで生チョコをクッキー生地に染み込ませ最小の焼き時間で仕上げることで、とろける生チョコをそのまま固めて焼いたような不思議な食感です。

ミルク、ビター、ホワイトチョコレートの3種のアソートセット。

 

新作の紅茶フレーバーも同店では登場します。

MAISON CACAOとは

MAISON CACAOは2015年に鎌倉の小町通りに誕生したアロマ生チョコレートブランドです。

 

品質とサスティナビリティへのこだわりから、コロンビアでカカオの栽培、収穫、クーベルチュールへの加工までを行なっています。

企業理念【未知を楽しむ】の元、世界各地を周り、素材やアートデザインなど多くの未知に触れ、新しいカカオ体験を提案する商品の開発・販売を行なっています。

MAISON CACAO創設者、カカオディレクター「石原紳伍」

MAISON CACAO創設者、カカオディレクター「石原紳伍」

1984年生まれ。

元々はチョコレートを食べられなかった石原が、コロンビアで食べたカカオのフレッシュさと、カカオを通して笑顔が溢れる風景に魅せられ、「日本でも、チョコレートで日常を豊かにする文化を創りたい」と、2015年アロマ生チョコレートブランド「ca ca o」を創設。

おいしさとサスティナビリティへの強いこだわりからコロンビアでカカオ栽培から携わり「Farm to Customer」を実現。

アートとサイエンスを掛け合わせ、今までにないチョコレートの提供と体験をデザインしている。

 

受賞歴など

  • 天皇即位の礼にて、各国首脳への機内手土産として、「アロマ生チョコレート」5種(MUSCAT、TEA、MATCHA、BONJOUR、雪男)と「生ガトーショコラ」が選出
  • G20大阪サミット2019、第7回アフリカ開発会議にて、各国首脳への機内手土産として「アロマ生チョコレート」4種(MUSCAT、TEA、YUZU、雪男)が選出
  • 「アカデミーオブチョコレート2019」で「アロマ生チョコレート MUSCAT」が金賞、「アロマ生チョコレート TEA」が銀賞、「アロマ生チョコレート ZEN」が銅賞を総なめ受賞
  • ANA国際線ファーストクラスにて、プティフールとして「アロマ生チョコレート CACAO45」が採用
この記事のURLをコピーする

いつもコメントを頂き、ありがとうございます。
コメント欄は見てくれているユーザーさんたちにお店の良さを共有できることを主な目的として開放しているのですが、
中には愚痴のようなコメントも目立ってきています。
誠に申し訳ないのですが、個人的な愚痴のようなコメントは削除させていただきます。

※悪口や過剰・攻撃的なコメントはお控えください。
※飲食店であればお店の味を他のユーザー様に伝えて頂ければと思います。

※承認制としました

また記事内容へのご質問などありましたら、コメント欄ではなく各SNS、もしくはお問い合わせフォームからご連絡お願い致します。
こちらの方がスムーズにやり取りできるので。
Twitter
インスタグラム

口コミを書く

CAPTCHA


■記事まとめ