絵本『パンダ星』発売記念!ステラプレイス内の書店で作家そらさんによる読み聞かせ音楽会が開催!

絵本『パンダ星』発売記念!ステラプレイス内の書店で作家そらさんによる読み聞かせ音楽会が開催!

この記事のURLをコピーする

お疲れさまです、僕です。
Twitter
Instagram

 

株式会社 学研プラスは、2019年12月12日(木)に絵本『パンダ星』を発売しますが、作者である「そらさん」が手がけたぬいぐるみ写真絵本『ハッピー・マインド~ずっと、君のままで。~』(青春出版社)と『パンダ星』の発売を記念して、ステラプレイス5階にある三省堂書店札幌店で『絵本作家そら 読み聞かせ音楽会』を開催します!

パンダ星のあらすじ

広い宇宙のどこかに、人類が住める惑星があるはず――。

2人の少年宇宙飛行士は、調査ロボットのロボタローとともにロケットに乗って、第2の地球を探していました。

そしてたどり着いたのが、もふもふの毛におおわれた、白黒のかわいい生き物が暮らす惑星、そう「パンダ星」だったのです。

 

日射しと緑あふれる自然の中で、たくさんの赤ちゃんパンダと楽しいひとときを過ごす少年たち。

彼らが最後にくだした決断とは……?

パンダ星のあらすじ

この絵本の特徴

ページをめくるたびに、かわいいパンダたちがモゾモゾ動きまわります。

パンダの赤ちゃんはよく遊んで、よく食べて、よく眠って、まるで人間の赤ちゃんみたい。

 

小さな弟や妹がいる子どもたちは、きっと共通点を見つけて、少年たちのようにやさしくしてあげたくなるでしょう。

パンダは木に上るのが大好き!

ページをながめているだけでも楽しめますが、読み聞かせにもピッタリ。

「どんなパンダがいるかな?」「このパンダは何をしているのかな?」と親子で会話が弾みます。

子パンダの無垢なかわいらしさは、幼児だけでなく、子育て世代の親も癒してくれるに違いありません。

勝手気ままに動きまわる子パンダたち。少年たちはあたたかく見守ります。

本書は特殊なインクを使って印刷しています。

それは例えるならば、かつてのブラウン管と液晶ディスプレイほどの大きな違い。

 

その特殊インクで、パンダのフワフワの体毛や、緑と光があふれる「パンダ星」の世界が鮮やかに表現されています。

日射しも影も、鮮やかに表現。

作者の「そら」ってどんな人?

北海道を拠点として活動する絵本作家、イラストレーター、フェルト作家。

主な代表作にJR北海道ICカード乗車券「Kitaka(キタカ)」のキャラクター「エゾモモンガ」、「北海道デスティネーションキャンペーン」PRキャラクター「キュンちゃん」、ウポポイPRキャラクター「トゥレッポん」などがあります。

 

主な著書として『ゆびにんぎょうぶっく しろくまくんのおいしいものだ~いすき』(主婦の友社)、『TO YOU~大切な君へ~』『ほしをつかまえたおうじ』(MG BOOKS)、ギフト絵本『赤い糸』(パルプ出版)、ほか多数。

ホームページ
インスタグラム
フェイスブック

出版記念イベント開催!

そらさんが手がけたぬいぐるみ写真絵本『ハッピー・マインド~ずっと、君のままで。~』(青春出版社)と、『パンダ星』の発売を記念して、『絵本作家そら 読み聞かせ音楽会』を開催!

そらさんの出版記念イベント開催!

ーーー
■開催日時
12月14日(土)①13:30~ ②15:30~

■出演
そら&THE NORTHRENLIGHTS ORCHESTRA(ギター演奏バンド)

■会場
三省堂書店札幌店内特設会場

■参加費
無料

■問合せ
011-209-5600(三省堂書店札幌店)
ーーー

商品概要

■書名
パンダ星

■定価
本体1,300円+税

■発売日
2019年12月12日

■判型
A5変型判/40ページ

■ISBN
978-4-05-205169-2

■発行所
(株)学研プラス

Amazon
楽天ブックス
セブンネット

この記事のURLをコピーする

■記事まとめ