【LA・PAN(ラ・パン) サツドラ北8条店】東区にシルクのような“高級クリーミー生食パン専門店”がオープン!


高級クリーミー生食パン専門店 LA・PAN(ラ・パン)の生食パン

この記事のURLをコピーする

LA・PAN(ラ・パン) サツドラ北8条店の場所やアクセス、営業時間など

LA・PAN(ラ・パン) サツドラ北8条店
場所 札幌市東区北8条東4丁目1-20
アクセス 札幌駅から徒歩11分
地下鉄東豊線 北13条東駅から徒歩13分
営業時間
定休日
電話番号
駐車場
座席数
Free Wi-Fi
ホームページ LA・PAN(ラ・パン) 公式サイト
ツイッター
インスタグラム ラ・パン公式(@la_pan_sns)
フェイスブック
オープン日 2022年12月2日(金)

記載している情報の修正に関して

ふんわりとろける高級クリーミー生食パンの専門店!

東区にLA・PAN(ラ・パン) サツドラ北8条店が、2022年12月2日(金)オープン!

 

LA・PAN(ラ・パン)はデパートの催事では10分で100本が完売、お店開店からわずか30分で250本が売り切れたりとかなりな人気っぷりの“高級クリーミー生食パン専門店”です。

 

2020年12月には白石区に北海道初の店舗、また2021年3月には厚別区にも店舗をオープン

2022年3月にサツドラ内の店舗となる「LA・PAN(ラ・パン) サツドラ屯田店」も展開しています。

シルクのような口どけがクセになる、生で食べられる美味しさ!

ラ・パンで販売するパンは生食パン1種類のみ!

高級クリーミー生食パン専門店 LA・PAN(ラ・パン)の生食パン

“生食パン”という名のとおり、ラ・パンのパンはトーストせずにそのまま楽しむことができます。

 

美味しさの秘密は世界中から厳選した素材と蜂蜜。

その絶妙のバランスが柔らかく、ほんのり甘い、シルクのような口どけ感を演出しています。

LA・PAN(ラ・パン)のこだわり

素材
世界中から選び抜いた小麦のみを使用。

生地には厳選された数種類の乳製品とはちみつを混ぜ込んでいます。

製法
熟練の職人さんが粉から練り上げグルテンを形成する、手間も惜しまない製法。

そうすることで耳まで柔らかい食パンが出来上がります。 

安心・安全
卵・イーストフードは使用しないで作っています。

ただ素材・鮮度にこだわっている分、賞味期限が少し短めとなっているので、食べる際はお早めに。

保存方法

1斤保存
美味しさの秘訣は、適切な水分。

端の部分をフタにして、食パンの乾燥を防いで保存します。

1枚保存
小分けにする際は1枚1枚をラップかビニール袋で密封し、冷蔵・冷凍で保存します。 
カット方法
パンナイフ、または包丁を少しお湯で温めることで綺麗にカットできます。

専用のパンナイフも販売。

生食パンに合うオリジナルジャムも

またラ・パンではオリジナルジャムも取り扱っています。

高級クリーミー生食パン専門店 LA・PAN(ラ・パン)のジャム

※店舗により取り扱っているジャムが異なりますので、要確認

クリーミーなシルクのような生食パンを東区で

札幌で展開を続ける高級クリーミー生食パン専門店 LA・PAN(ラ・パン)。

 

札幌にも高級食パン専門店が多くありますが、パンがお好きな方はぜひこのLA・PAN(ラ・パン)の生食パンも食べてみてください!

▽最新情報はSNSにて
インスタグラム

いつもコメントを頂き、ありがとうございます。
コメント欄は見てくれているユーザーさんたちにお店の良さを共有できることを主な目的として開放しているのですが、
中には愚痴のようなコメントも目立ってきています。
誠に申し訳ないのですが、個人的な愚痴のようなコメントは削除させていただきます。

※悪口や過剰・攻撃的なコメントはお控えください。
※飲食店であればお店の味を他のユーザー様に伝えて頂ければと思います。

※承認制としました

また記事内容へのご質問などありましたら、コメント欄ではなく各SNS、もしくはお問い合わせフォームからご連絡お願い致します。
こちらの方がスムーズにやり取りできるので。
Twitter
インスタグラム

口コミを書く

CAPTCHA


この記事のURLをコピーする