【札幌パン 美しが丘工房】清田区にトロけるプリン食感が特徴のパン屋がオープン!


札幌パンの『焼き食パン(左)、生食パン(右)』

この記事のURLをコピーする

札幌パン 美しが丘工房の場所やアクセス、営業時間など

札幌パン 美しが丘工房
場所 札幌市清田区美しが丘4条5丁目1-62
アクセス バス停 美しが丘3条5丁目すぐ
営業時間
定休日
電話番号
駐車場
座席数
Free Wi-Fi
ホームページ パティシエパン 公式サイト
ツイッター
インスタグラム
フェイスブック
オープン日 2022年7月11日(月)

記載している情報の修正に関して

パティシエが作るしっとり焼き上げた生食パンのお店!

清田区に札幌パン 美しが丘工房が、2022年7月11日(月)オープン!

 

札幌パンはこだわりの焼成で作り上げた新食感の食パンを販売する“パティシエが作ったパン屋さん”です。

札幌には「札幌パン 琴似工房」として2021年11月に北海道第1号を西区琴似にオープンしています。

札幌パン 琴似工房の外観札幌パン 琴似工房

札幌パンの『焼き食パン(左)、生食パン(右)』【札幌パン 琴似工房】北海道初出店!トロけるプリン⾷感の⾷パン専⾨店が琴似駅近くにオープン!“焼き⽴て”へのこだわりと地域密着が⼈気の秘密

札幌パンのメニュー

※他店舗参照

札幌パンでは看板商品であるトロけるプリン食感が特徴の2種類の食パンを用意。

札幌パン 琴似工房の『焼き食パン(左)、生食パン(右)』

生食パン そのまま食べて美味しい「生食パン」は、北海道産の生クリームや純粋蜂蜜、練乳を使用した極上レシピ。
焼き食パン 「焼き食パン」は香ばしく焼き上げることで美味しさが引き立ち、ジャムやバターとの相性抜群の食パンとなっています。

丹精込めて焼いたパンを⼀番良い状態で⾷べて欲しいので、毎⽇店舗で“焼き⽴て”を販売。

 

“毎⽇でも何度でも⾷べたくなる味わいのパン”を提供するべく、ほんのりとした温かさとパンのいい⾹りが楽しめるよう毎⽇店舗にて焼成を⾏います。

失敗がきっかけだった!まるでプリンのようなトロける⾷感が特徴の⾷パン誕⽣秘話

札幌パン 琴似工房-失敗がきっかけだった!まるでプリンのようなトロける⾷感が特徴の⾷パン誕⽣秘話。

トロけるプリン⾷感が特徴の⾷パン、その製法は失敗をきっかけに誕⽣しました。

ある⽇、スチームオーブンで⾷パンの焼成を⾏う際に、間違えてプリン⽤の焼成ボタンを押してしまいました。

出来上がったパンは柔らかすぎて保形性が取れておらず、商品にできる状態ではありませんでしたが、試⾷してみると⼝当たりの滑らかな新⾷感のパンが出来上がっていました。

 

この経験を元にその後半年間の研究と開発を進め、「プリン」を焼成するようにじっくりとスチームオーブンで焼き上げる、柔らかな⼝当たりとトロけるような⾷感が特徴のオリジナル⾷パンを完成させました!

トロけるプリン⾷感の⾷パン専⾨店を清田区でも!

札幌パンでは新食感食パンなどの“毎⽇でも何度でも⾷べたくなる味わいのパン”を提供します。

 

食パンがお好きな方は、ぜひこの「札幌パン 美しが丘工房」へも行ってみてください!

アルバイト情報

いつもコメントを頂き、ありがとうございます。
コメント欄は見てくれているユーザーさんたちにお店の良さを共有できることを主な目的として開放しているのですが、
中には愚痴のようなコメントも目立ってきています。
誠に申し訳ないのですが、個人的な愚痴のようなコメントは削除させていただきます。

※悪口や過剰・攻撃的なコメントはお控えください。
※飲食店であればお店の味を他のユーザー様に伝えて頂ければと思います。

※承認制としました

また記事内容へのご質問などありましたら、コメント欄ではなく各SNS、もしくはお問い合わせフォームからご連絡お願い致します。
こちらの方がスムーズにやり取りできるので。
Twitter
インスタグラム

口コミを書く

CAPTCHA


この記事のURLをコピーする