札幌冬の風物詩『第73回 さっぽろ雪まつり』大通会場・すすきの会場が2023年2月4日(土)より開催決定!つどーむ会場は開催見送りへ

さっぽろ 雪まつりの雪像

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

札幌冬の風物詩『第73回 さっぽろ雪まつり』が、2023年2月4日(土)より開催します!

 

さっぽろ雪まつりは各会場に雪像や氷像が立ち並び、夜にはライトアップした様子も楽しめる札幌冬の一大イベントです。

毎年多くの方が楽しんでいましたが、2021,2022年度は新型コロナウイルスの影響によりリアル会場での開催は中止、オンラインにて行われていました。

 

2023年度は新型コロナウイルスへの感染対策を十分に行った上で、会場開催が決定。

しかし行われるのは大通会場・すすきの会場の2会場となり、すべり台やスノーラフトなどを楽しめる「つどーむ会場」は開催見送りとなります。

札幌市制100周年記念 第73回さっぽろ雪まつり
会場 主会場は大通会場(西1丁目から西10丁目)、およびすすきの会場(南4条通から南7条通までの駅前通)
※つどーむ会場は開催を見送ります
開催期間 2023年2月4日(土)〜11日(土・祝)
ホームページ さっぽろ雪まつり 公式サイト
SNS Twitter
インスタグラム
Facebook

〜大通会場の開催概要〜

さっぽろ雪まつりの象徴である大雪像5基を中心として、中小雪像、市民雪像、ウインターアトラクションなどを展開予定。

会場構成(予定) 1丁目:ウインターアトラクションなど
2丁目:中小雪像・市民雪像など
3丁目:中小雪像・市民雪像など
4丁目:大雪像
5丁目:大雪像
6丁目:市民雪像など
7丁目:大雪像
8丁目:大雪像
9丁目:市民雪像など
10丁目:大雪像

 

など「国際雪像コンクール」「飲食ブースの設置」は実施を見送ります。
※物販やPRブースは例年通り設置

さっぽろ雪まつり 公式サイト

この記事のURLをコピーする