札幌駅前にもあるすた丼屋から豚肩ロース×豚バラのW肉でボリュームも旨さも豪快な『新・北海道すた丼』が1月20日(金)より発売!

すた丼の『新・北海道すた丼』

この記事のURLをコピーする

SNSのフォローもお願いします!

Instagram

 

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」は、2023年1月20日(金)より『新・北海道すた丼』を全国の店舗(一部店舗を除く)にて期間限定で発売します!

すた丼屋2023年の“新化”第一弾は過去最も売れた期間限定商品に決定!

すた丼屋は2023年を迎えるにあたり、大盛り丼界のパイオニアにふさわしい抱負を決めるべく試行錯誤しました。

その結果、2023年のキーワードを“新化”として常識にとらわれない斬新な商品開発や過去の人気商品をより多くのお客さんに愛される商品となるよう改良していくことを決定しました!

 

1月はすた丼屋2023年の“新化”第一弾として、ご当地すた丼として様々なメディアにも取り上げられ累計37万食以上を販売した期間限定商品で最も人気の『北海道すた丼』を“新化”させ、販売することが決定。

すた丼の『新・北海道すた丼』

『北海道すた丼』は2017年6月にすた丼が北海道に初めて出店した『札幌駅前店』のオープンを記念して、同日より全国販売を行った期間限定メニューです。

 

同商品は厳選された大判カットの豚肩ロース肉を特製ダレ(※)で香ばしく焼き上げ、大盛りご飯の上に盛り付け、濃厚な北海道産バターを添えた、ニンニク醤油と芳醇なバターの香りが食欲をそそる一品。
※豚丼発祥の地とされる北海道帯広地方名物の帯広豚丼から着想を得た特製の“甘辛ダレ”とすた丼に使用する“秘伝のニンニク醤油ダレ”をブレンドしたタレ

発売開始からの累計販売食数はすた丼の限定メニューの中では最多の約37万食、約7年が経過した今でも販売時は通常の期間限定メニューと寸分ない人気を誇る大人気丼となっています。

 

今回、大盛り丼界のパイオニアとして「安くて旨いものを腹いっぱい食べて頑張ってほしい」という想いのもと、『北海道すた丼』をさらにボリュームと旨味が増えるようにブラッシュアップ!

従来使用している食べ応えのある豚肩ロースに加え、お店一番人気の『すた丼』でも使用している厳選した豚バラを使用し、2種類の食感を味わえるようにしました。

脂を多く含んだ薄切りの豚バラ肉は肩ロースと比べ甘辛ニンニク醤油ダレがよく絡むことでより濃厚な味わいを楽しむことができます。

 

肉量も従来の約150gから20g増量し、約170gにボリュームアップ

過去当店で販売した期間限定商品の中でも最上位クラスの量となっており、よりボリュームと食べ応えを感じることができる商品となっています。

すた丼の『新・北海道すた丼』

ボリュームアレンジでさらに腹いっぱいに!

すた丼では並盛でもボリューム満点の商品を開発していますが、お客さんの4人に1人は肉やご飯の増量サイズを注文します。

そんな幅広いニーズに応えるため、さらにボリュームを求める方に向けて『新・北海道すた丼』では並盛のボリュームはそのままに、特製ダレにしっかりと漬け込みニンニクのパンチをガツンと効かせた自慢の『すたみな唐揚げ』3個を合盛りにした『唐揚げ合盛り新・北海道すた丼』、並盛の2倍の豚肩ロース・豚バラを溢れんばかりに盛り付けた『新・でっかいどうすた丼』も発売。

すた丼の『唐揚げ合盛り新・北海道すた丼』『新・でっかいどうすた丼』


商品概要
価格 新・北海道すた丼 980円(税込)
新・唐揚げ合盛り 北海道すた丼 1,280円(税込)
新・でっかいどうすた丼 1,580円(税込)
※味噌汁付
※テイクアウト、各種デリバリーサービスでの販売価格は店内で飲食の場合と異なります
発売日 2023年1月20日(金)より 期間限定
販売店舗 「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」全国各店舗

※一部店舗では価格が異なる場合があります

 

札幌には札幌駅前に店舗があるので、ぜひ食べに行ってみてください!

札幌にあるすた丼屋の店舗情報

すた丼屋 札幌駅前店
場所 札幌市中央区北3条西3-1-61
アクセス 札幌駅から徒歩4分
営業時間 11:00~23:00
定休日
電話番号 011-211-4320
ホームページ すた丼屋 公式サイト

すた丼 札幌駅前店のすた丼【すた丼屋 札幌駅前店】ボリューム満点の丼ものを提供!スタミナをつけるにはおすすめ
この記事のURLをコピーする