【ハレとケ洋菓子店】定山渓に朝日岳をモチーフにした「サブレ598」なども販売する洋菓子店がオープン!


ハレとケ洋菓子店

この記事のURLをコピーする

ハレとケ洋菓子店の場所やアクセス、営業時間など

ハレとケ洋菓子店
場所 札幌市南区定山渓温泉西2丁目 風マチビルヂング1階
アクセス 地下鉄南北線 真駒内駅から車で31分
札幌駅から車で46分
営業時間 10:00〜17:00
※開店30分前の洋菓子で特別焼き立てメニューを味わえる「朝の洋菓子店」は予約制
定休日
電話番号
駐車場
座席数 20席程度(カウンター席/ボックス席)
Free Wi-Fi
ホームページ
ツイッター
インスタグラム 【公式】ハレとケ洋菓子店(@haretokeyougashiten)
フェイスブック
オープン日 2022年8月5日(金)

記載している情報の修正に関して

キーワードは「598」

定山渓にハレとケ洋菓子店が、2022年8月5日(金)オープン!

 

ハレとケ洋菓子店は定山渓旅行の際にもぜひ立ち寄りたい洋菓子店です。

「ハレとケ」柳田國男によって見出された日本人の伝統的な世界観のひとつ。

ハレは儀礼や祭り、年中行事などの「非日常」、ケは普段の生活である「日常」を意味します。

 

誕生日や記念日のお祝いで定山渓に訪れる方向けた「ハレ」のお菓子、また身体に優しい素材を使ったシンプルなデザインの「ケ」のお菓子を用意しています。

サブレ598 「011-598-××××」と定山渓の市内局番にもなっている598mの朝日岳をモチーフにしたサブレは、定山渓土産にもぴったり。
生サブレ しっとりサブレに濃厚バタークリームをサンドしました。
エクレアのムニュ 「menu(ムニュ)」とは料理の種類や順序を決める食事の献立のこと。

食べる向きが決まっており、味わいが3度変化するコースのようなエクレアです。

風マチビルヂングで土産にも良い洋菓子を

「ハレとケ洋菓子店」は個性的なお店が集まる“山ノ風エリア”の『風マチビルヂング』に入っており、この『風マチビルヂング』には「食堂いち」「秘密のカレー部屋」も入っています。

山ノ風エリア 定山渓温泉の西側にはいくつもの原生林が残るエリアがあります。

そこははるか昔、定山渓鉄道が走る場所でした。

木々の間を吹き抜ける風が気持ちよく、国立公園・定山渓温泉の自然の豊かさを感じれる場所。

このエリアを『山ノ風エリア』と名付けました。

 

2018年にオープンしたジェラートとピザの店「雨ノ日と雪ノ日」、2019年にオープンした焼肉と酒を楽しめる宿「旅籠屋 定山渓商店」、2021年にオープンした足湯のあるベーカリーカフェ「エクスクラメーションベーカリー」など、個性豊かなお店・宿泊施設が集まっています。

2022年10月には湯上りにぴったりなコーヒー牛乳専門店「旅ノ珈琲牛乳」、年明けには燻製専門店「煙ノ森制燻所」もオープン予定。

風マチビルヂング 「エクスクラメーションベーカリー」の店舗前にかかるウッドデッキ。

その突き当たりにあるのが『風マチビルヂング』です。

原生林に囲まれ、お店に行くの緑のアプローチが定山渓の自然豊かさを感じさせてくれます。

 

「ここにしかないモノが必ずあること」「定山渓の自然と調和していること」「楽しい時間をつくる工夫がされていること」。

この3つを大切にしたお店が入居します。

 

様々なグルメを楽しめる『風マチビルヂング』で、ぜひこだわりの洋菓子もお楽しみください!

▽最新情報はインスタグラムにて
@haretokeyougashiten

いつもコメントを頂き、ありがとうございます。
コメント欄は見てくれているユーザーさんたちにお店の良さを共有できることを主な目的として開放しているのですが、
中には愚痴のようなコメントも目立ってきています。
誠に申し訳ないのですが、個人的な愚痴のようなコメントは削除させていただきます。

※悪口や過剰・攻撃的なコメントはお控えください。
※飲食店であればお店の味を他のユーザー様に伝えて頂ければと思います。

※承認制としました

また記事内容へのご質問などありましたら、コメント欄ではなく各SNS、もしくはお問い合わせフォームからご連絡お願い致します。
こちらの方がスムーズにやり取りできるので。
Twitter
インスタグラム

口コミを書く

CAPTCHA


この記事のURLをコピーする